介護士から看護師へ 仕事の違いは?給料は?なぜ看護師になりたいの?

介護士から看護師へ転身を決意する人は少なくありません。

看護助手から看護師へでも書いていますが収入の違いややれる仕事の範囲などの理由で転身していきます。ここでは

  • 仕事内容の違いは?
  • 収入面は?
  • 看護師になった人の理由は?

これらを解説していきます。

仕事の内容の違いは?

介護士と看護師の仕事内容は大きく異なってきます。

まず介護士ですが、仕事は入浴や排せつなどの身の回りの事を手伝い自立した生活する事を補助する役割です。

医療行為は一切できませんし注射も行う事も出来ません。働く先は

  • 介護施設
  • 特別養護老人ホーム
  • 身障者の施設
  • 児童施設

などです。ヘルパーとの大きな違いは国家資格という事です。

ヘルパーは受験資格がなく決められたプロセスを受講することで取得することが出来ます。介護士は一定の教育プロセスを経た後に国家資格を受験する事になります。

次に看護師。看護師の仕事は医師の診療や指示に基づいて患者の診療を補助したり入院生活を不便なく行う事を行います。

昨今ではチーム医療で患者を回復させていきます。それらチームの調整(薬剤師、理学療法士、放射線技師など)を行うのも看護師の大事な仕事の1つです。

収入面は?

介護士の収入はおおよよ月収15万~17万。年収250万~が一般的なようです。(キャリアガーデン参照)

収入面は決して良いとはいえません。

看護師の収入は平均450万前後といわれています。こちらも介護士と同じく体力的にも厳しい仕事ですが収入面は介護士とは比較になりません。この収入の高さから社会人から看護学校を目指す人が増えています。

介護士から看護師になる理由

介護士から看護師へ転身を決意する理由は様々ですが特に多く当社の受講生からもよく聞くことは

  • 業務範囲の限界
  • 収入面の低さ
  • 一緒に働いている看護師から見下されている

この3つが1番多く聞きます。特に収入面の低さは同じ施設で看護師と働いている場合、間近で看護師の業務を見ます。

看護師の業務と介護士との業務の違いと収入面との違いがあまりにも違うという現実を見てしまうとやはり考える人は多いようです。

まとめ

介護士から看護師へ転身する人の事をここでは解説しました。

実際本当に転身をする人は増えています。特に介護士と介護助手が増えています。

もしあなたが介護士で少しでも看護師の転身を考えているのであればこう考えてみてください。

「5年先を考えた場合、今あなたが考えているモヤモヤがそのままで消えているか」

もし消えていないと感じるのであれば看護師への転身をお勧めします。