中卒から看護師になる疑問 就職は?最短方法は?掛かる費用は?

中卒から看護師を目指す人は増えています。特に男性やシングルマザーといった社会人が増えています。

その際、疑問に感じる事が数点あるようです。

  • 中卒から看護師になる最短の方法は?金額は?
  • 中卒から看護師になっても就職は出来る?

ここでは上記の事を解説していきます。

中卒から看護師になる最短の方法と掛かる金額

中卒から看護師になる最短の方法ですが、看護師になる場合は以下になります。

中卒の場合まずは看護学校を受験する為の高卒資格が必要です。これはわざわざ高校を卒業している必要はありません。

文部科学省が実施する高卒認定試験に合格する事で看護学校の受験が可能です。

この試験は年8月と11月に2回あります。例えば

  1. 8月に高卒認定試験合格
  2. 5ヶ月~6ヶ月後の翌年1月2月の看護学校一般入試合格
  3. 4月看護学校入学

このパターンが1番看護学校に入学できます。看護師になるには3年以上の看護学校に入学する必要があります。

看護師の国家試験自体は合格率約98%程度ありますので「看護学校入学=看護師になれる」事になります。

今これを見ているあなたは高卒認定試験を使えば来年には看護師になるあなたがいます。

上記は看護師になる場合です。

准看護師になる場合は中卒の学歴のまま准看護師学校受験が可能です。

2年と比較的短い期間で准看護師は目指せますが、看護師と准看護師の収入は年間で100万~違うといわれています。

長い期間、看護師として働くつもりであればどちらを受験するかは考えましょう。

掛かる費用

掛かる費用は3点です。

  1. 高卒認定試験や看護学校の対策の費用
  2. 看護学校の学費
  3. 看護学校中の生活費

主にこの3点です。①も②も選択する所で費用は変わってきます。

①はおおよそ20万~40万程度です。②に関しては奨学金など多数の学費免除制度や貸付制度がありますのでここではお伝え出来ません。③はやはり必要です。社会人の方でシングルマザーや父子家庭の人で目指す人は高等職業訓練促進給付金という制度があります。

月に7万から10万程度を支給してくれる制度です。このような制度は各地域によってありますので調べてみましょう。

中卒から看護師になっても就職は出来る?

就職は出来ます。今5万人以上の看護師不足といわれています。看護師は求人を見れば分かりますが日本全国どこでも働くことが可能な仕事です。

たまに大卒と中卒から看護師になった人とは待遇が違うのでしょうか?

このような事を聞かれる方がいます。もちろん最初はそうかもわかりませんが1番重要事は経験値です。実際に看護師になって色んな科での経験を積むことの方が大事でしょう。

まとめ

中卒やシングルマザー又は社会人の方で看護師資格はかなり経済的な自立が可能な資格です。

平均年収450万ともいわれています。もし今色んな事情で何か資格を取得したいと考えている人にはオススメな資格です。