保育士のやりがいと大変さ。魅力を感じる時苦労を感じる時

このコンテンツでは下記の方が対象です。

保育士のやりがいや実際の苦労話を知りたい人

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 保育士のやりがいや実際の苦労話を知りたい人

対象者は続きをお読みください。

保育士は大変だけどやりがいは大きいです
そういってもらえると私も嬉しいよ

保育士の仕事は大変さがある分やりがいも十分にある仕事です。

実際の保育士さんの体験談を交えてお伝えします。

実際に働いてみて保育士のやりがいを感じる時

新入園児が慣れてきた時

保育士のやりがいを感じるときはその子によりますが、とくに小さいクラスの子は母親を思い出して一日中泣いてることがあります。

入園する前に保護者から興味のあることや好きな遊びを聞いたりしいても泣き止まない時、いろんなことに気を惹かせて泣き止んでくれた時や慣れてくれて 自分のところに来てくれるようになった時 はとっても嬉しくやりがいを感じます。

信頼関係については【子供・保護者】保育士の信頼関係の築き方。私だけ築けない・・・をご覧ください。

子ども同士で喧嘩を解決できるようになった時

一番は見守ること。

しかし、喧嘩が大きくなったり手が出そうで危険な時は止めに入りお互いの意見を聞きます。

悪いと思ってないのに謝らせては何も意味がありません。

自分はどこが悪かったのか考え自分の意思で謝れるように言葉がけをしていき、友達が仲介に入ったりして

子ども同士で喧嘩を解決出来るようになったのを見た時

には子どもたちと向き合ってて良かったと感じました。

ケンカについては保育園での子どものケンカは本当に保育士が止めなくてよい?をご覧ください。

保護者から相談されアドバイスが成功した時

「家では遊びに夢中になってしまって毎日のように漏らしてしまう。漏らしてもけろっとしてて…」と相談された時があります。

「おしっこはトイレでするという事を教えてあげたり、トイレに興味のある物を貼ってみたりしてトイレに行くことに興味が湧くようするといいかもしれませんね。」とアドバイス。

何日かして保護者に「先生のアドバイスで順調にトイレトレーニング進んでます。」と言われ、

アドバイスが成功 してやってて良かったなと思うでしょう。。

トイレトレーニングの詳細は 【思ったより難しい新卒保育士必見】トイレトレーニングの方法と進め方 をご覧ください。

1人で遊んでいる子がいて仲良い子が見つかった時

年中くらいになると気が合う友達が出てきてグループができてきたりします。

そんな中、グループに溶け込めずに1人で遊んでいる子がいたら、保育士が みんなと遊べる遊びを提案 しその中で合いそうな子と一緒にいる空間を作ってあげたりその子に誰と遊びたいか聞いて一緒に遊べるようにして気が合う友達ができ、楽しんでいるところを見るととても嬉しいでしょう。

実際に働いてみて保育士の大変さを感じる時

親との信頼関係(コミュニケーション)

親は園での様子など聞けると嬉しいものです。

「今日はお友達とおままごとして楽しんでいましたよ。」と言う先生より「今日、お友達とおままごとしてたら〇〇ちゃん、お母さん役でぬいぐるみの赤ちゃんを泣かないで〜♪って歌って抱っこしてましたよ。」と詳しく教えてくれる先生のほうが保護者は信頼できますよね。

毎日、何人もの子を見ていて怪我をさせないように見るだけでも大変ですが、 子ども一人ひとりの行動を保護者に伝えるのはとても大事 なことです。

毎日ではなくていいので出来るだけ細かく、面白いことを言ってたときは必ず保護者に伝えるようにしています。

保護者対応は保育士の保護者対応での失敗!保護者との接し方はどうすれば?をご覧ください。

子どもの見本になってるという事を意識して行動する事

子どもは大人の行動をよく見ています。

ご飯を食べてる時、足を広げていたり行儀が悪くて注意すると「あ、先生も足ちゃんと閉じてない。」なんて言われた時には取り返しが付きません。

簡単な事だと思いますがたまにハッっと「これは駄目だ。気をつけないと」、と思う時があります。

気になる子への対応

集団行動に馴染めたかったり、お友達を叩いたりなど気になる行動をしたりする子を「気になる子」と言っています。

お部屋で遊んでいるとお友達の物を取ったり叩いたりし、勝手に部屋から出て狭いところに隠れたりする子がいました。

部屋からでて静かな場所で話ししようとしますが、その子は「自分は悪くない。」と言って保育士の話しもろくに聞いてくれず怒って保育士にも叩いたりしていました。

その子も怒った気持ちをどうする事も出来ず、 保育士も毎日悩んでしまいます。

落ち着いてから話すると聞いてくれる事がわかり、 常に近くにいるようにし、お友達に怪我をさせないように見守っていくことがベスト です。

怒ったときは静かな所に行き、落ち着いてから話をすることでその子も叩いたりなど少なくなり落ち着いて過ごす事が出来るでしょう。

保護者とも相談したりと その子に合った解決法 を見つけるまで3ヶ月くらいかかると思いますがその子の他にもこれから「気になる子」がいたらその子にあった解決法を見つけてその子を助けてあげれたらと思います。

気になるこの対応の詳細は 気になる子の対応に困っている保育士がすべき対応 をご覧ください。

【聞きました】保育士として働く前と働いてからのやりがいや魅力のギャップ

働く前は子どもが好きで母親のように接してあげるのが保育士だと思っていました。

働いてみると、子ども達にただ優しくするのではなく一緒に遊び、良い事は良い、ダメな事はダメときちんと教えたり気持ち面の他に箸の持ち方など生活の面を教えたりと保育士というのは 子ども達にとってどれだけ必要 とされていて、とてもやりがいのある仕事です。

確かにその分大変で投げ出したくなる時もあったりしましたが子ども達と身近に接し、一人ひとりに向き合って 成長を共にする 仕事は保育士しかできないので、私は保育士を続けています。

朝行くと、「先生おはよう。」と毎日笑顔を見せてくれたり、卒園した子が名前を覚えててくれたり保育士を続けていて良かったと思います。

転職したい・・・なら保育士求人転職プロへ

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?