保育士の夜勤。仕事内容や給料・手当のこと。しんどい事は?

このコンテンツでは下記の方が対象です。

夜勤について詳しく知りたい保育士さん

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 夜勤について詳しく知りたい保育士さん

対象者は続きをお読みください。

保育士の夜勤の仕事内容

私は、小規模な院内保育所に勤務していたので、親御さんのシフトにより、夜勤もありました。

だいたい、 夕方に登園し、翌朝お迎え になります。

基本的な仕事内容は、日勤とほとんど変わりません。

子どもを安全にお預かりし、子ども一人一人に寄り添いながら、遊びを提供したり、夕食など食事のサポートをしたりします。

異なる点としては、夜なので、 子どもたちが寝ている時間が長い、 ということです。

私は、夜勤の際、1対1の保育が多い院内保育所だったので、子どもと一緒に寝る時間もありました。

保育士夜勤のスケジュール

院内保育所のスケジュール例

16:00 登園
18:30 夕食
20:30 就寝
7:00 起床
7:30 朝食
9:00 お迎え

登園してから夕食までは、子どもが自由に遊ぶ時間でした。

また、夕食前には、歩いて数分の場所にある病院の食堂に夕食をとりに行きます。このとき、夕食と合わせて、翌日の朝食をもらっていました。

夕食を食べたあとは、歯磨きをして、静かに遊ばせます。

夏場などは、シャワーで汗を流す時間もありました。

1対1ということもあったので、花火を一緒にしたこともありました。

就寝時間近くになるとパジャマに着替えて、絵本を読んで「おやすみなさい」と寝かしつけます。

子どもが寝たあとは、夕食の片付けをしたり、記録を記入したりしました。

そして、 常に子どもの様子は確認します。

子どもによっては、寝ると朝まで一度も起きない子もいれば、数時間おきに目覚めてしまう子もいました。

トイレトレーニング中の子どもがいた場合は、夜に一度起こしてトイレに連れていくこともしました。

トイレトレーニングの詳細は 【思ったより難しい新卒保育士必見】トイレトレーニングの方法と進め方 をご覧ください。

日勤と違う仕事内容って何がある?

個人的には日勤と特に異なる仕事はないと思います。

ただ、日中よりも子どもの人数が少ないため、集団保育というよりも、自宅のようなのんびりしたくつろぎの時間を大切にしていました。

夜勤でしんどいことは?

夜勤保育でしんどいことは、

  • 夜にぐっすり寝られないこと
  • 拘束時間が長いこと

です。

私が勤めていた院内保育所では、子どもと一緒に寝ていましたが、熟睡することはなく、1時間おきに目覚め、子どもの様子を確認していました。

なので、寝たという感覚があまりなく、体力的には辛いと感じることもありました。

とはいえ、 夜勤明けは、休みになり、平日休みがあるような気分で、それなりに充実していました。

勤務日数も、日勤より少なくなりますので、体力がある方は、おすすめです。

夜勤の保育園を探してみる方は 保育士求人プロ からご登録ください。

保育園以外で夜勤のある施設は?

院内保育所の他に、乳児院や児童養護施設でも夜勤があります。

このような施設は、保育園と異なり、お迎えがありません。

ですので、 より生活に密着したお仕事内容になります。

友人が、児童養護施設に勤務していましたが、 担当の子がいるので、母親のような感覚に近かったとのことでした。

夜勤の給料や手当

手当はどれくらい付く?

労働基準法に基づいて、午後10時から翌日午前5時までの間の労働に対して割増賃金を支払われることになります。

割増賃金は、2割5分以上と決められています。

ですので、雇用形態にもよりますが、例えば日勤の時給1000円の人は、深夜の時間は、1250円支払われるということです。

また、 夜勤1回6000円 など、手当がつく場合もあります。

施設により異なりますので、事前に確認するといいでしょう。

給料面でのメリットは大きい?

夜勤手当がつくので、給料は高めになります。

それが、最大のメリットでしょう。

また、1回の勤務時間が長くても、 平日に休みが欲しい、 という人にとっても、夜勤は、いい環境ではないでしょうか。

ただ、少人数でシフトを組むことが多いため、休みづらかったり、体調不良で休む先生の代わりに、急に入らなければならなかったりすることもあります。

この点は、デメリットになるでしょう。

夜勤がある保育については

をご覧ください。

転職したい・・・なら保育士求人転職プロへ

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?