Uターン・Iターン転職とは。保育士には向き?不向き?

このコンテンツでは下記の方が対象です。

Uターン・Iターン転職のことを知りたい保育士さん

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • Uターン・Iターン転職のことを知りたい保育士さん

対象者は続きをお読みください。

不向きジュン
風吹ジュン

知ってますか?Uターン・Iターン転職とは

Uターン転職

Uターン就職とは、地方~都会~地方という生まれ育った地から一旦、都会の学校などに進学、就職し、再び故郷に戻って、新たな仕事を始めることをいいます。

都心の学校に一旦進学し、仕事を故郷で見つける場合は、Uターン就職と言われます。

Iターン転職

Iターン転職は、都心で生まれ育ち、進学、就職した人が、地方で仕事を見つけて働くことをいいます。

ちなみにJターンもあります

Jターン現象と言われ、人口還流現象という意味を持ちます。

生まれ故郷を離れ、地方から都会へ移り住んだ人が、 再び生まれ故郷の近くの規模の小さな地方大都市圏や中規模程度の都市に戻って定住する現象です。

池下さんはパンパかパーンですね
なんじゃそれ

Uターン・Iターン転職の流れ

Uターン・Iターン転職を行う場合には、通常の転職活動と違って、その転職活動そのものがたいへんだということです。

大きく違うのは、求職活動を行うと同時に、 都会という非常に便利な生活環境を変えなければならないということです。

求職活動において、試験や面接を受けるにしても、遠方ですから、それなりの準備や時間、費用がかかります。

通常の転職に比べるとゆっくり計画的に活動を行わなければなりません。

Uターン転職の場合は、故郷ですから、実家がある場合が多いので、精神的にも費用的にも比較的楽だと言えます。

また、今後転職になったとしても、慣れ親しんだ土地ですから、生活環境への順応という点でも問題ないでしょう。

しかし、Iターンの場合は、都会というものに慣れ親しんできていますので、転職する保育園での問題以上に、 地方の土地での暮らしそのものが不安要素 になります。

その地方の土地についてもかなり詳しく調べないといけません。

あなたはUターンIターン?地方に行かなくても働きやすい職場が探したい方は 保育士求人プロ をご覧ください。

Uターン・Iターン転職する理由

Uターンの人の場合

  • 都会に憧れ、都会の大学に入学し保育士として保育園に就職した方が、人間関係に耐え切れず転職したけれども、またその園で多くのストレスを溜めてしまった。
    都会の雑踏から逃れたい。
  • 実家の両親が脳卒中で倒れ、介護のこともありやむなく実家に帰ることになった。
    都会は私に合っていたと思うが、地方の子どもたちとも、その純粋さに触れたい。

Iターンの人の場合

  • 自然が大好き!それが一番の理由で、空気のよい地方で働きたいと、ずっと思っていた。
  • 都会は私に合わない。
    保育園の勤務も厳しく、なかなか友人とも会えない。
    地方で、自然いっぱいの中で、子どもたちと思い切り遊べるのではないか。

直接の要因は人それぞれです。

Uターン転職の場合は、もともと親元に戻る予定で都会へ出た人もいるでしょうが、Iターンの人はもちろんですが、都会という何かと便利なところを離れるという事は相当な決心でしょう。

この野郎、池下。何も思いつかないぜ。
・・・

後悔しないためのUターン・Iターン転職。4つのこと

通常の転職とはどこが違う?

通常の転職と大きく違うところは「環境の違い」ということになります。

Uターン転職の場合は、ある程度、実家に戻るんだという精神的に楽な部分があります。Iターン転職の場合には、覚悟がいります。

この覚悟は、都会と地方の環境の違いです。

給料は多くは望めないだろうけど物価は安いだろう、私の好きなその土地で将来結婚して永住できるような戸建ての家を建てたいなどの夢のある方もおられます。

しかし、今からご紹介するUターン、Iターン転職のメリット、デメリットをよく読んでいただき、地方での仕事や生活を考えてみてください。

Uターン・Iターン転職するメリット

仕事に関するメリット

保育園のライバルが少ないというのは、経営者にとっても、保育士にとっても大きいことです。

都会では、保育士の厳しい勤務状況を作り出す要因として、「うちの保育園ではこんなこともしていますよ。ぜひ来てください!」という宣伝活動をするほど保育園間の競争が激しいことがあげられます。

その点、地方では、そこまでの競争もないため、 比較的ゆったりとした勤務ができるのです。

また、満員電車に揺られて通勤することから逃れられるということも大きいです。

朝の満員電車だけではなく、残業後に乗る電車は座ることもできず、ぐったりとした毎日になっている方もおられます。

そんな状況は、地方にはまずありません。

人口が少ない 地方での保育園勤務は、それだけでも毎日のストレスを軽減してくれます。

ただ、場所によっては車通勤になることもありますので、免許が必要になる場合があります。

都会の保育園での人間関係に疲れたと思う人にとって、都会から地方に移ることで人間関係も全くの一からスタートができます。

園のルールなどは変わってくるでしょうが、園児に関わる仕事自体は大きくは変わりません。

私、家で使ってます。
それ、メリットシャンプーね。

生活に関するメリット

24時間眠らないといわれた都会の環境からは大きく変わります。

街中が常に動いている都会ですから、保育園内もきっと遅くまで動いていたことでしょう。

地方はそんなせわしなさはなく、 自然の中でストレスの少ない生活がしやすいです。

生活費が安いことでしょう。

都会に比べて、 家賃や生活費は確実に安い です。

地方の魅力の大きな一つといえます。都会では一人暮らしで、小さな賃貸マンションで7万円ほどでしょう。

地方であれば、この7万円で、広いお部屋に住むことができます。(駐車場も付いている場合もあります)

Uターンをした人の場合は、実家があれば、両親の傍にいて安心させてあげられることもでき、段違いに生活費は抑えられます。

池下さんたまに段違いになってますね
それ散髪失敗してるやん

Uターン・Iターン転職のデメリット

仕事に関するデメリット

求人が少ないことは気になるところです。

ライバルの保育園が少ないということを裏返せば、求人が少ないということにもなります。

都会に比べ圧倒的に保育園の数が少ないです。

また物価は断然安いのですが、その分、給与面は都会並みには期待できません。転職に当たっては、 給与と住居費や生活費のバランスをよく考える必要 があります。

地方はゆっくり過ごすことができる、だから仕事も余裕をもってできるだろうというイメージを持っておられる方も多いでしょう。

必ずしもそうとは限りません。

保育園によっては、園児の数は少ない分、職員の数も抑えられている園もあります。

少ない人数で多くの業務をこなしている保育園もある のです。

交通面で不便なことは確かに多そうです。

どこに住むにしても自宅から最寄りの駅までもかなりの距離があることは、覚悟しておいた方がいいです。

バスで通勤という場合もあるでしょうが、1時間に1本という運行状況の場合もあります。

通勤が車の場合でも、細い道やアップダウンの道など、 運転技術も必要になります。

私家で使ってます。
それ2回目ね。

生活に関するデメリット

最寄りのスーパーまで車でないといけない、早く閉まる、コンビニがほとんどないという 都会では考えられない現実が待っています。

憧れとして地方への転職を考えておられるならデメリットの部分が大きいともいえます。

「祭りで踊るの?」それぞれの 地域にある風習には従わなければならない こともあります。

地方には都会以上に、昔から続く独特の風習というものがあるのです。

地方では人との付き合いを重んじると考えておくといいです。

隣人と話もしなかった、ほとんど顔を合わせない都会との大きな違いです。

日々の生活でも、町内の集まりに参加も必要ですし、祭りや花火大会などの行事には積極的に参加しなければならないこともあります。

近所の農家の方人が取れたて野菜をくれるといううれしいことはありますが。

都会の保育士さんは、なかなか映画やカラオケなどにも行く時間がなく、ストレスが溜まっている方も多いでしょう。

でもたまのお休みには、オシャレなお店でのショッピングやレストラン、大規模商業施設など、ゆっくりと回って楽しむことぐらいはできたでしょう。

地方では、時間的に余裕ができるかもしれませんが、休日の暮らし方を考えないと 「退屈」というストレスが溜まってしまうかも しれません。

今回、登場回数多いですね
話すことなくなったの?

Uターン・Iターン転職の注意すべきポイント

Uターン転職。注意すべきポイント

一般的にUターン転職の場合には、実家に帰るということが大きいでしょう。

このUターン転職で注意すべきポイントは次のようなことです。

友達もいる、馴染みのお店も残っているなど、都会に出る前の生活がそのままできるという錯覚です。

  • 「生まれ育った故郷で仕事がしたい」という思いは「逃げ」ではありませんか。

というのも、地方での保育園への転職で、 志望動機としてどう書くのか ということです。

出身者として、その土地の魅力や社会問題、待機児童の状況などについてもしっかりとつかんでおかなければなりません。

それらをしっかりと語ったうえで、自分の都会での経験を具体的にどう生かすかを語れるようにしておくことです。

具体的なビジョンをしっかりと持っておくこと がUターン転職での注意すべきポイントとなります。

志望動機については 保育士の志望動機 新卒や転職、再就職のための例文と書き方 をご覧ください。

Iターン転職。注意すべきポイント

「旅行でこの地を訪れた時に魅力を感じました。」Iターン転職での志望動機の一つです。

でもそれだけでは不十分です。

都会の生活が嫌になって 「逃げ」てきたように捉えられてしまう でしょう。

「この地で働きたい」という意欲は、地方の保育園にとっても非常にありがたいとは思われるでしょう。

ただ、都会から来て、なぜわざわざこの保育園を選ばれたのかという動機の部分が弱くなります。

また、都会からの転職ですから、その 理由についてはかなり練っておかなければならない ということがIターン転職での注意すべきポイントになります。

保育士のためのUターン・Iターン転職

都会に慣れている方にとっては、都会から地方に転職する時の求人状況が気になるものです。

どこで探すのかにもよりますが、そのエリアを中心に求人探しをすることになります。

地域によっては求人が少ない場合もあります。

人材紹介サービスやネットを活用して探すのが早いですが、地域によってはUターンやIターン転職の求人を行っているところもありますので利用するといいでしょう。

都会と比べると求人状況は大きく違います。

都会のように、いくつかをピックアップして選ぶことができるということはありません。

どちらかというと、 ピンポイントでその保育園にアポを取って訪ねてみる 方がいいかもしれません。まして、実家に近い保育園への転職ができる確率はほとんどゼロに近いと言えます。

IターンUターン転職希望の人は 保育士求人プロ にご相談ください。

Uターン・Iターン転職の保育士体験談

高校は地元の高校でした。

川が流れ山々に囲まれた、観光地にもなっているところでした。

母が保育士をしておりましたので、卒業を機に、保育士になりたいと思っておりました。

ただ、保育士免許が取得できる大学もなく、近隣では保育士になるのは難しいと思い、上京することにしました。

比較的スムーズに大学、就職と運び、都内で保育士をしていました。

3年間働きましたが、 地元で、都会での保育経験を生かして仕事をしたいという思いを強く持つようになり転職を決意 しました。

実家に戻ると、現実の厳しさに直面しました。

地方でも園児のニーズに対して施設数が足りないということです。

一般企業への就職でさえ、就職がなく、やむを得ず故郷を離れる友人もいました。

そんな中で、実家からは車で40分ほどかかる園でしたが、Uターン転職を推奨している保育園でー

  • 「よく戻ってきてくれましたね。都会の話などいっぱい聞かせてくださいね。」

ーという園長先生に出会い、内定を獲得してスムーズに新たな生活を送ることができました。

決して簡単ではありませんが、地方でも待機児童がいるという現実を考えると、 都会を知っていることを強みにしてアピールしていけばいいと思います。

その時の志望動機を参考までに載せておきます。
私のふるさと○○にほど近い場所にある貴園です。

自然いっぱいの環境を生かして、都会ではできない子どもたちの体験活動を中心に年間行事を組まれており、また、私が前園で取り組んできた食育にも力を入れられていると知りました。

私は3年間、都会のど真ん中で3歳地児から5歳児までの保育を担当してきました。

ここ○○の良さもたくさんありますが、都会の良さももちろんあります。

園児に都会で学んだことを教えてあげたいし、反対に、園児からこの○○の良さを教えてほしいなあと思っています。

また、2年前にカラーコーディネーターという資格を取得しております。

保育園内の掲示や各種行事の広告作成などのお役に立てるかなと思っています。

貴園で私らしさを出していければと思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

転職したい・・・なら保育士求人転職プロへ

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?