保育士の転職の方法。5つの転職ツールのメリットデメリット

このコンテンツでは下記の方が対象です。

転職を考えている保育士さん

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 転職を考えている保育士さん

対象者は続きをお読みください。

転職方法には当社のような 求人サイト 以外にもいくつか方法はあります。

ここでは当社が思うそれぞれの方法のメリットデメリットを紹介します。

保育士の転職の方法はおおよそ5つ。

ここではそれぞれの転職方法のメリットデメリットを解説します。

転職に関するにことについては

転職する前に知っておこう。保育士の転職時期。有利な不利な時期

保育士転職の選び方。経験者と未経験者の選び方4つの違い

をご覧ください。

保育士の求人サイト

【メリット】

保育士の転職方法の1つ目は当社のような求人サイトです。

当社のような求人サイトに登録すると サイトに登録して2日以内に電話連絡で求人サイトから本当に転職の意思があるのか、どんな園が良いかなどを簡単に聞かれます。

その後一週間以内に求人サイトの職員との面会・転職先の希望の確認が直接または電話であります。

更に一週間以内に 希望に合った三~四の保育園を回り、園の雰囲気や何故欠員が出たのか、過去の職員の退職理由を調べます。

第三者が間に入るために

  • 求人票と実際の待遇が違った
  • 実は給料が1万円アップしてもらえれば入職したいが中々言えない
  • 他の職場と天秤かけていてこの待遇の部分を変更してもらえれば入職したいが言えない

など、就職活動をしている人が企業側に

  • 言えない
  • 言いにくい

ことは必ずあります。

しかし企業のほうからしてみると求職者がこういったことを思っているのであれば伝えてほしいのです。

常に人が充足している企業ばかりではありません。

そんな企業にすればあなたが応募してくれたことが実は大変ありがたい事だったっりすることは数多くあるんです。

企業と求職者だけであれば本音は企業に伝わらず採用と決めても求職者が電話に出なかったり辞退したりしてしまいます。

そのような事態を解消する意味でも転職エージェントがいます。

転職エージェントが間にいるだけでお互いが思っていることを本音で伝えることが出来るのです。

これは1人で転職活動している場合は絶対に出来ないことです。

ハローワーク

【メリット】

保育士の転職方法の2つ目はハローワークです。

ハローワークで探すと、 自分の希望の勤務形態、福利厚生、給料、施設の規模を好きに検索する事が出来ます。

転職で悩んでいる人も、 自分の現在の福利厚生や給料と比べながら自分のスケジュールで探す事が出来るので良いですね。

また、 保育園だけではなく幅広い施設や企業付き保育士、院内保育士なども探せるので視野が広がります。

【デメリット】

デメリットは、ハローワークは転職先の保育園で何故欠員が出たのかや、園の雰囲気、人間関係までは分かりません。

ですから実際に就職してみたら人間関係が酷い所だった…という人も少なくはありません。

欠員が出た理由はハローワークの職員の方と話す際に頼めば先方に聞いて貰えるので、必ず聞くようにしておきましょう。

また、掲示されていた福利厚生の条件が全く違っていたり、 勤務条件も別の物を提示されたりと求人票とは違う条件を突きつけられる人もいるので気を付けましょう。

ハローワークについては 保育士の転職。ハローワークのメリットデメリット。行く時間ない? をご覧ください。

学校の求人

【メリット】

保育士の転職方法の3つ目は学校からの求人です。中には、常軌を逸するブラック企業は存在しません。

また、卒業した先輩が就職していたり、実習で行った園が求人を出してくる事が殆どです。

就職前に職場の雰囲気も知りやすいですし、縁故採用ですから殆どの場合落とされる事もありません。

【デメリット】

学校求人に来る所は、 とにかく、人不足に悩んでいる深刻な園が多いのが現状です。

学校側もなるべくその求人に就職させ、来年も同じように大学へ就職枠を回して欲しいと必死です。

ですから内容も殆ど確認せず、就職に困っている人を押し込んでいくイメージがあります。

条件は普通に就活する保育園よりも福利厚生が悪く、給料も低い物が多いです。

また、 縁故ですから簡単に辞める事も出来ないので人間関係で悩んでも我慢するしかありません。

紹介

【メリット】

再び復職したいと思った時に、前に働いていた園で仲良くしていた先生から、『今自分が働いていた園で働かない?』と声をかけて貰う事があります。

縁故ですから面接で落ちる事もありませんし、それが認可保育園でしたら福利厚生もかなり期待出来ます。

友人の先生であれば条件交渉もしやすく、スムーズに話が進みました。人間関係も、知り合いの先生がいるので虐められる心配はないでしょう。

【デメリット】

人間関係がいくら良くても、保育方針が合わなかったり小さな人間関係のいざこざは必ず起きてくる事です。

しかし 紹介されて入った手前文句も言いづらいので、何事も相手の顔を立てて我慢するしかありません。

また、折角紹介して入っているので辞めにくい事もネックです。

例えば女性であれば結婚や妊娠というライフステージ、親の急病なども考えられますが、『働きたい!』と紹介されているので、なかなか辞めるとは言いづらいですよね。

園の求人を直接探す

【メリット】

保育士の転職方法の4つ目は直接自分から電話をかけて時間を取ってもらい、就職面接をしてもらう方法です。

仲介業者がいると日程の調整を自分と園両方にすり合わせを行わなければなりませんから、遅くても3日~4日かかってしまいます。

しかし、自分と園での擦り合わせであればその日の内に日程は決まります。

転職に時間をかけたくない人は、自分で新聞や求人雑誌、ネットで募集している園へと自分で探していく事をオススメします。

【デメリット】

この転職方法は一番落ちやすいです。

求人サイトやハローワークの紹介状が無ければ受け付けないという園も多いからです。

保育園は常に親のクレームに晒され、保育士の能力が非常に重視されるようになりました。変な人材を入れない為にも、ハローワークや求人サイトでしっかりと身元を洗った人材を採用したいのです。

なるべくならば自ら動く事は避けて、求人サイトやハローワークを利用しましょう。

まとめポイント

どの転職方法も一長一短あります。

大事なことはそれぞれのメリットデメリットを理解したうえで転職活動を行うことが大事でしょう!

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?