円満退社をした保育士がやっている事タブーの事

このコンテンツでは下記の方が対象です。

円満退社をしたい保育士さん

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 円満退社をしたい保育士さん

対象者は続きをお読みください。

円満退社を遠ざける退職の時のタブー5つ

保育業界というものは、園長会や職員同士の様々な研修などを通して、横の繋がりが大変深い業界です。

そのため、もし保育園を退職したいと考えている場合は、次の就職先で困ることのないようにできる限りどのような場合でも円満退社ができるように努める必要があります。

円満退社を遠ざけてしまうようなタブー行為を行わずに、円満退社ができるように努めましょう。

退職理由を正直に話す

保育園の退職を決意するまでには、人それぞれ様々な理由があるはずです。

定年退職の人もいれば結婚や家庭の事情で引っ越しを余儀なくしなければならない状況で、やむを得ず退職をしなければならないという方もいます。

中には

  • 保育園で実際に働いてみて一緒に働いている同僚に不満があったり
  • 園長の方針に疑問を感じたり
  • 自分のしたい保育と園の保育理念が異なっていると気付いたり

するなど、退職理由の本音は人それぞれです。

もちろん、自分が抱いている退職理由を上司や同僚に正直に話すことは決していけないことではありません。

しかし、理由によっては相手に悪い印象を与えてしまい反感を買ってしまう場合もあります。

そのため、

  • 「看病が必要になった家族がいる」
  • 「引っ越しをすることになった」
  • 「スキルアップのために、勉強をしたお」
  • 「身体を少し休めたい」

など、あくまでも保育士として円満退社を目指す場合「自己都合」であるという風に話すようにしましょう。

「園長の方針に不満があります」「○○先生が嫌だから」などと不満などばかりを話すのではなく、 社会人らしく「本音」と「建前」を上手に使い分けて、退職理由を話すように心がけましょう。

年度の途中で退職する

保育業界というものは、多くの場合4月から3月までの1年間で構成されています。

1年間、同じクラスの担任を任され子どもたちと一緒に1年間過ごすという場合が大半です。

そのため、 年度の途中で退職をすると新しい担任を急いで雇わなくてはならなくなり迷惑がかかるだけでなく、園としても保護者や子どもからの信頼を失ってしまう恐れがあります。

そのため、保育士として働く以上は滅多な理由がない限り3月末に退職するように予定を立てるようにしましょう。

3月は宴会の季節ですね
花見の季節ね

退職希望の旨を退職予定日の1ヶ月前などに話す

保育士として働いていて少しでも円満退職を考えている場合は、 退職予定の7カ月前後前であるその年度の夏頃までには上司に話すようにしましょう。

保育業界の就職活動のシーズンは大体9月から11月の秋頃です。

そのため、その秋の就職活動シーズンに来年度の欠員不足職員分の求人情報を大学や就職情報誌などに掲載をします。

保育士の仕事というのは、人間性がとても問われる仕事です。

そのため、園としては新しく採用する保育士の人間性を見てじっくり採用するかどうかを検討したいはずです。

そのため、秋のシーズンに園が求人募集を行うことができるように、夏頃には上司に話すことをおすすめします。

間違っても1月や2月などの退職予定ぎりぎりに伝えるなどということは絶対にやめましょう。

退職予定のことを上司に話す前に同僚に話す

退職を検討していたり決意したりしたら、まずは上司に話すようにしましょう。

中には信頼のおける同期などに相談をしたいという場合もありますが、 どのようにして情報が漏れてしまうか分かりません。

上司の耳にあなたからの報告よりも先に、同僚から「○○先生、退職するらしい」という情報が入ってしまうと、悪印象を与えてしまうということは一目瞭然です。

そうならないようにするために、同僚には上司に伝えた後に話すようにしましょう。

上司の耳という漢字が馬の耳に見える・・・
疲れてるんだね

保護者や子どもに、自分の判断で退職予定であることについて話す

退職を決めたことを、毎日関わっている保護者や子どもたちに早く伝えたいと考える方はたくさんいるはずです。

しかし、いくら退職が決まっているからと言って3月末まではその園の先生としてあなたは働きます。

年度途中に伝えてしまうと、

  • 「どうして退職をするのだろう」
  • 「園でトラブルでもあったのかな」
  • 「体調良くないのかな」

などと色々無駄な詮索や心配などを多くの方にかけてしまいます。

そのため、 3月末になるまでは、年度途中に退職が決まっていても保護者や子どもたちには伝えないようにしましょう。

尚、保護者や子どもたちに伝えるタイミングは独断で判断するのではなく、上司と相談した上で時期を見て報告をするようにしてください。

円満退社のための5ステップ

タイミングを読んだ上で、上手な退職理由を添えて上司に報告をする

まず、退職を決めたら上司にその年の夏頃までに報告をするようにしましょう。

保育士として円満退社ができるかどうかのカギを握っていると言っても過言ではない退職理由を 「本音」と「建前」 を上手に使い分けて、退職希望である旨を1対1で報告します。

保育士不足である現在、多くの場合一度は必ず引きとめられるでしょう。

報告をしても一度は引きとめられるであろうということを前提に、自分の決意と思いをしっかりと伝えてください。

引き継ぎ書類などを丁寧に作成する

クラスの子どもたちの1年間の発達記録や保育日誌など、来年度の担任の先生が見てすぐに分かるよう、日々しっかりと丁寧に作成してください。

1年間関わってきた子どもたちの様子などをしっかりと来年度の担任が把握することができるように、独自のクラスノートなどを作成しておくこともおすすめします。

同僚などへ報告をする

一緒に働いている同僚にも、退職する旨を伝えましょう。

職員会議などで時間をもらって、お世話になった同僚の先生に退職を報告した後、個人的にそれぞれに挨拶をするようにしてください。

保育士の仕事というのは、様々な人間関係の上で成り立っている職業です。

退職するからといって粗末にするのではなく、最後までしっかりと丁寧に関係を築くようにしましょう。

ほうれん草ですね
報連相ね

保育室の掃除や整理を行う

退職をする際、保育室にある様々な私物である備品などは全て持ち帰るようにしましょう。

退職後もあなたの使っていた保育室や机などは、他の職員が使用します。

そのため、次使用する職員が気持ち良く使用することができるように、退職をすることが決まったら少しずつで構わないので空いた時間を見つけて掃除や整理をしていくようにしましょう。

保護者や子どもたちに挨拶をする

お世話になった保護者や子どもたちに、退職することを報告し、挨拶をしましょう。

退職理由などについては必要に応じて報告をし、1年間お世話になったお礼をしっかりと伝えましょう。

  • 「1年間クラスの担任になれて良かったこと」
  • 「子どもたちから学んだこと」
  • 「保護者の方から教わったこと」
  • 「これからの目標」

などを挨拶の中に混ぜながら話すことで、「退職しても頑張って下さい」と思ってもらうことができるはずです。

せっかくお世話になった園でありクラスです。

気持ち良く円満退社できるように、気をつけ退職をするようにしましょう。

転職したい・・・なら保育士求人転職プロへ

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?