【これは鉄板】保育園での祖父母遊び。人気遊び5選。展開やルール。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方に向けてお届けします。

  • 保育園で行う祖父母遊びを知りたい保育士さん

保育園では、敬老の日などに祖父母参観を行う事もあるそうです。

祖父母参観となると、 パワフルな親子競技などはあまり適していません。

祖父母参観に向いた子どもとの遊びがありますので、今回はそんな祖父母参観で使える人気の遊びを5つ、そしてその展開やルールなどを詳細に紹介していこうと思います。

対象者の方は続きをお読みください。

保育園で人気。祖父母遊び5選。展開とルール。準備すること

早速保育園での人気の祖父母遊びを紹介していきます。

展開と準備、そしてルールを詳細に見ていきましょう。

【祖父母遊びの展開】

祖父母遊びの展開として理想なのは、まずはお互いが誰の祖父母なのかが分かるように、 円になった状態で自己紹介 を行うと良いと思います。

そして、お互いの緊張を解す為にも祖父母と子どもで出来る手遊びを一つ挟むと良いと思います。

盛り上がるのは、 「バスごっこ」 です。

子ども達を膝の上に載せて、足を揺らしながら一緒に体を傾けたり、隣の人にタッチして遊ぶので、 お互いの距離もぐっと近づくと思います。

引用元:しずおか中原幼稚園

①タコ作り

祖父母達が子ども達に、 伝統的な日本の遊びを継承するチャンスでもあります。

そこで役に立つのがタコ作りです。

タコは季節関係なく遊べますし、祖父母も孫に教える事が出来る教材です。

一緒にタコに絵柄を付けたり、実際に外に飛ばしに行って最後まで飛ばしていられた人が勝ちというルールで遊ぶと更に盛り上がると思います。

絵を描くのであれば、年齢関係なく祖父母に補助して貰えますので全年齢で楽しく遊べます。

タコは一から骨組みを用意するとなるとかなり大変なので、 既製品のタコ製作キットを用意すると良いと思います。

【準備する物】

タコ製作キット、新聞紙、マジック、段ボールと色紙などで作ったメダル

引用元:落合保育所

②コマ作り

最近は子ども達の間でもベイブレードバーストなどコマをモチーフにした遊びが再び流行っており、 祖父母も懐かしい気持ちになれる制作 であるコマ作りはオススメです。

コマの土台には紙皿を使い、紙皿に祖父母と一緒に思い思いの折り紙を貼り付けたり、絵を描いて楽しい時間も過ごせると思います。

トーナメント戦 を用意すると更に子ども達も祖父母も白熱する事でしょう。

【準備する物】

紙皿、マジック、折り紙、色紙、鋏、のり、セロハンテープ、ペットボトルの蓋(※コマの芯にします)

引用元:アイン保育園

③似顔絵描き(※乳児はシール貼り)

お互いの顔をじっと見つめる事はそんなにないと思います。

そこで取り入れたいのが 似顔絵です。

祖父母も孫の絵を描く事はあまりないと思うので、 お互いに良い記念になりますし、描いた祖父母の絵はそのまま敬老の日のプレゼントとしても使えます。

その場でリボンを結んで祖父母に渡してあげると喜ぶと思います。

乳児は絵を描くのは難しいと思うので、前もって祖父母の絵と「おじいちゃん、おばあちゃんありがとう」と書いた紙にシールを自由に貼って、祖父母に渡してあげると喜ぶと思います。

【準備する物】

シール、クレヨン、画用紙、リボン、新聞紙

引用元:東根市立さくらんぼ保育所

④懐かしいコーナー遊び

この遊び方は 交流メインでかなり自由な遊び になります。

保育室を4コーナー程に分けて、

  • お手玉コーナー
  • おはじきコーナー
  • こまコーナー
  • かるたコーナー

と遊びによって振り分けます。

そして、状況を見ながら祖父母と共に四か所のコーナー遊びを楽しむのです。

祖父母が子どもの把握をしてくれるので、保育士はコーナーでの人数調整や、 トラブルの対応 だけに集中できますのでオススメです。

そして 遊びの間に普段の孫の様子などをお話し してあげると、祖父母も大変喜びます。

【準備する物】

コマ、お手玉、おはじき、かるた(※人数が偏らないように、コマやお手玉、おはじきは全て合わせて人数分になる程準備しておけば良いと思います。)

⑤お膝バスケット(※乳児は祖父母が子どもを抱いてフルーツバスケットでも良いです)

これは 祖父母とのふれあい遊び で、祖父母を前もって椅子に座らせておき、音楽が止まったら祖父母のお膝にのせてもらうというものです。

他の家庭の祖父母とも触れ合える、 心温まる遊びです。

【準備する物】

椅子、ピアノ

引用元:入善幼稚園

私の体験談

私は一年に一度、祖父母参観がありましたので、季節に合わせてクッキングを行っていました。

衛生面が不安という事で、他の園からは賛否両論を受けていましたが、私はクッキングを通して祖父母と子どもの会話も増え、 一緒に物を作り上げたという達成感で非常に満足してもらえました。

私の園では秋に祖父母参観が行われていましたので、芋掘り遠足で持って帰って来ていたお芋を使ってスイートポテトを作りました。

子ども達も祖父母も大喜びで美味しいと言って食べてくださいましたし、材料は前もってこちらが小分けにして用意しており、素手で触らないようにジップロック内で揉んだりこねたりしていた為、 衛生的にも問題なく行う事が出来ました。

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?