保育士はこれだけは押さえよう!楽しめる節分の遊び!

このコンテンツでは下記の方が対象です。

保育園で節分の遊びを考えている保育士さん

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 保育園で節分の遊びを考えている保育士さん

対象者は続きをお読みください。

豆まきといえば?
私がいつも鬼役
こう見えて怖いですもんね(笑)

保育園節分の遊びでこれだけは押せるべき5選

節分といえば、豆まき。鬼の面を用意して、豆をまく、というイメージは誰でも簡単に浮かびます。

けれど、そもそもどうして、豆をまくの? 節分も行事って何?

由来や意味について、答えがパっと思い浮かばない人も多いのではないでしょうか。

また、他の園では、どんな風に行事を盛り上げているのかも、気になるところです。

そこで、節分の由来や、行事の進め方について取り上げてみます。

節分の由来って何?

節分とは、暦の上で、冬から春に変わる、節目の日のことを指します。

この冬から春の季節の変わり目に、悪いものを追い出して、気持ちよく新しい季節を迎えましょう、という意味があるようです。

悪いものの象徴として、鬼が使われています。

また豆まきは、室町時代に「豆を投げて鬼を追う」という風習が明から伝わったとされています。

数え年の数だけ豆を食べると、病気にならず健康でいられる、という言い伝えは有名ですね!

オニのおすすめ絵本は、これ!

鬼が登場する絵本を読んで、鬼についてイメージを膨らませたり、節分の意味について伝えたりしておきましょう。

参考:おなかの中におにがいる(小沢孝子)

比較的年齢の低い子どもも、集中して読める1冊です。

おなかに中に様々なオニが住んでいる、というお話です。

自分のおなかの中にはどんなオニが住んでいるのかな?と自然にオニに興味をもち、豆まきに興味を向けることができます。

参考:ないた赤おに

節分とは直接関係ありませんが、オニを通じて友情について考えさせられる名作です。

いもとようこさんの優しく温かい絵がじんわりと心に響きます。

怖くて乱暴者、というオニのイメージをぶち壊し、オニについての想像を膨らませてくれる、深い1冊です。

鬼のお面や豆入れの製作

子どもたちと一緒に、豆入れやお面を作ると、期待をもって当日の行事に参加できます。ここでは、乳児と幼児、それぞれにおすすめの本を紹介します。

幼児にピッタリ!

参考:3,4,5歳児の行事&季節の製作アイデア 10月~3月 PriPriプリプリBooks

オニのお面の他にも、オニのパンツの作り方や、恵方巻製作など、面白い製作が載っています!

乳児にはこれがおススメ!

参考:0.1.2歳児のかんたん製作あそび12か月(ナツメ社保育シリーズ)

5種類のお面、3種類の豆入れの作り方が紹介されています。「貼る」「まるめる」「ちぎる」など活動ごとに分類されていて、分かりやすいです。

当日の豆まき、子どもを怖がらせるだけの行事になっていないか?

なんといっても、保育士が鬼に変装し、子どもたちの前に登場するパターンは定番です。

特に男性保育士が変装すると、大変迫力があります。

中には、半べそをかきながら逃げ回る子どもも出てきます。

しかし、豆まきは子どもを怖がらせるために行うものではありません。

子どもたちの心の中に住んでいる悪い鬼(悪い心)を追い出して、よい鬼(よい心)を育てるために行っている、 という本来の主旨を大事にして行事を進めていきたいものですね。

乳児はどういう感じですすめたらいい?

0,1歳の小さい子どもたちは、豆が口に入ると危険なこともありますし、節分の意味が分からず、鬼に対して恐怖だけが残る場合もあります。

そんな時におすすめなのが、 カラーボールを使った豆まきです。

豆のかわりにカラーボールを使って、鬼の的や、保育士めがけてポイポイ投げると、盛り上がります。

幼児クラスが鬼と格闘する姿を見学し、様子を見ながら参加しても楽しいですね!

引用元:にじいろ保育園

転職したいかも・・・そう思ったら 保育士求人プロ をご覧ください。

その他の活動

ちょっと志向を変えて、こんな遊びも楽しいですよ。

オニ遊び(仲良し鬼)

  • オニが子どもをつかまえて、ジャンケンする
  • 子どもが勝てば、子どもは逃げられ、鬼が勝てば、子どもは鬼と手をつないで他の子どもを追いかける
  • オニはこのようにして仲間を増やし続け、4人になったら二人ずつ二組に分かれて子どもたちを捕まえることができる

節分のオニの世界は、空想の世界です。

これといった型はありません。保育士のイメージを膨らませて、楽しい行事を作り上げてくださいね!


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?