【これは鉄板】保育園での親子遊び。人気遊び5選

このコンテンツでは下記の方が対象です。

保育園で行う親子遊びを知りたい保育士さん

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 保育園で行う親子遊びを知りたい保育士さん

対象者は続きをお読みください。

保育園で人気 親子遊び5選 ポイントとルール

保育園での親子遊びは、大きく分けて2種類あります。

「作って遊ぶ」 タイプのものと 「体験型」 のものです。

今回は、「作って遊ぶ」もの2つ、「体験型」のものを3つご紹介します。

「作って遊ぶ」

保育園の親子遊びの作って遊ぶは子どもだけ、もしくは親子で一緒に制作をしたのち、それを使って親子一緒に遊ぶものです。

一緒に制作をすることは、意外と家でもされていないケースが多い ので、楽しんでもらえます。

「ハンバーガー作り」

<事前準備>

ハンバーガーの具材(トマト、レタス、肉、チーズなど)を、画用紙で作ります。

具材には、ゼムクリップをひとつずつ、つけておきます。

この 具材をとるための道具 を作ります。

魚の釣竿のように、割り箸に、ひもを結び、ひもの先に磁石をつけます。

鉄板の形に似せた黒画用紙の上に、具材を並べます。

<制作>

親子で、ハンバーガー用のパンとハンバーガーを入れる袋を作ります。

パンは、画用紙をバンズの形に切ってもらいます。

線を書いておき、切ってもらうだけでもいいでしょう。

袋は、白い紙を半分におって、片方だけ糊付けします。

その後、親子で紙に絵を描いて、ハンバーガーを入れるのにピッタリな袋に仕上げます。

<遊び方>

親子ひと組ずつ、鉄板にのっている具材をとります。

とり終えたら、ハンバーガー用のパンに、少しずつずらし、一部が見えるように、糊付けします。

ハンバーガーが出来上がったら、袋に入れて、完成 です!

出来上がったものは、持ち帰ってもらいます。

引用元:明幸幼稚園

「変装当てゲーム」

子どもたちが事前に作ったもので、親に変装してもらいます。

そして、誰なのかを当てるゲームです。

子どもたちは、事前に作る工程を楽しむことができます。

また、当日は親が恥ずかしがりながらも、子どもたちの作品を身につけてくれます。

変装といっても、すぐにわかってしまうレベルなので、子どもたちには、ちょうどいいようです。

<作成する変装グッズのおすすめ>

  • めがね:モールを丸くして、レンズ部分を作ります。それにモールをつけて柄の部分にします。
  • かつら:毛糸やスズランテープなど、長めのボンボンのようなものを作ります。これを頭にかぶせると、かつらのようになります。
  • ひげ:毛糸や画用紙で作ります。
  • お面:画用紙で、好きなお面を作ります。

「体験型」

体を動かしたり、親子のスキンシップを大切にしたりするものです。

この親子のスキンシップは、自分の親だけでなく、お友達の親とも触れ合ってもらいます。

お友達の親とのふれあいは、月齢の高い子だと初めは、恥ずかしがります。

しかし、そのうち、馴染んできて、楽しめるようになります。

また、作って遊ぶものに比べて、準備が少なくてすむので、取り入れやすいです。

引用元:せせらぎ保育園

「新聞紙じゃんけん」

<遊び方>

  1. まず、一人1枚ずつ新聞紙をもちます。
  2. 親子で、向き合って立ちます。
  3. 足元に、新聞紙を広げて置きます。その上に、片足で立ちます。
  4. 片足で新聞紙の上に立った状態で、じゃんけんをします。
  5. 負けた人は、足元の新聞紙を半分に折りたたみます。これを繰り返します。新聞紙が小さくなって、乗れなくなったら負けです。また、ふらついて、両足をついてしまった人も、負けとなります。
  6. これを数回、相手を変えてやってみましょう。

大人同士、子ども同士でやるのも、おすすめです。

これは、意外と大人も盛り上がれる遊びです。

新聞遊びは新聞遊びに困ったら【年齢別】保育園の新聞遊び。導入やねらいをご覧ください。

引用元:あおば保育園

「人間いすとりゲーム」

<遊び方>

いすとりゲームと基本的には、同じルールです。

1点違うのは、 いすが、親たち、 ということです。

  1. 親が、丸く円になって、正座で座ります。
  2. その親の膝の上に、こどもが座ります。
  3. 子どもたちは、全員その場に立ち、音楽に合わせて歩きます。この間に、一人の親は、立ち上がり、人間いすを1つ減らします。
  4. 音楽が止まると、人間いすに座ります。座れなかった人は、円の外へ出ます。
  5. 3,4を繰り返し、最後の一人になるまで続けます。
  6. 最後に残った子どもが勝ちです。

親が、正座をしなくてはならないので、膝が悪い人の場合は、椅子に変えるなど配慮が必要です。

引用元:社会福祉法人 桜川会

「風船運び」

親子に風船1つあればできる遊びです。

室内、戸外問わず遊ぶことができます。

<遊び方>

  1. 風船を膨らまします。
  2. 子どものおなか、親のおなかで風船をはさんで、運びます。

親子ごとに競争してもいいですし、チームを作り、チーム対抗戦にするのもおすすめです。

対抗戦の場合は、チームで風船を一つ使います。

途中にコーンを置き、それを回って、スタート地点に戻り、次の親子にバトンタッチします。

コーンを置くことで、直線よりも難易度が上がります。

ですので、月齢の高いクラスでは、より盛り上がります。

風船遊びは【保育年齢別】子どもたちが楽しめる風船遊びの遊び方やねらいをご覧ください。

引用元:広石保育園

私の体験談

どうしても 忙しいと準備する時間がとりにくいので、準備が少なくてすむものを好んでやっていました。

また、準備がなくてもできるものを知っていると、万が一、時間が余ったり、急遽変更しなくてはならなかったりした場合でも、すぐに変えることができるので、とても便利でした。

今回、ご紹介した5つのなかで、一番盛り上がったのは、 「新聞紙じゃんけん」 です。

実は、 大人の方が、バランス感覚が衰えていて、片足ですとふらつきます。

じゃんけんで負けて、新聞紙が小さくなっていく、というスリルもありますが、それ以上に、このふらつくことで、一層楽しめます。

ぜひ、一度先生同士で試してみてください。実感してもらえると思います。

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。

関連リンク


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?