50代保育士に転職先はある?月収や50代にあった求人の探し方

このコンテンツでは下記の方が対象です。

50代保育士で転職を考えている人

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 50代保育士で転職を考えている人

対象者は続きをお読みください。

50代保育士の転職市場。企業はどう考えている?

50代の保育士の転職では、子育て経験があり、しかも 時間に余裕がある、融通が利く という大きなメリットがあります。

これらは、売り手市場として、子育て世代の 30代から40代の方よりもかなり有利 になることは間違いありません。

現に保育園勤務の50代の保育士さんは、 全体の10% という割合で働いておられます。

フルタイムでの勤務も可能で買い手である保育園にとっても 大きな戦力 となります。

参考元:保育士等に関する関係資料

デメリットは、 ブランクと体力 ということになります。

働いていない期間が長いと、保育という乳幼児への教育が可能なのか、任せられるのか、という 不安要素 はあります。

また、体力はかなり衰えているとみていいでしょう。

このブランクと体力というデメリットを ポジティブな表現 で保育園にお話しないと採用には至らないでしょう。

では、保育園側はどのような50代を採用するのでしょうか。

保育園見学や面接で次のような方が採用候補になります。

  • 「この人の歩き方や動きを見ていると、若い人にも負けないのではないか」という様子がうかがえる
  • テキパキとした受け応えができている
  • ブランクはあるが、その間に保育に関係した資格取得や趣味を広げたり、小さい子どもと接するような活動をしたりして人生経験豊富である
  • 人生経験の中で人と接することを多くしてきており、保護者や地域の方とのコミュニケーションや対応力という点で人あたりも良い

実際、50代主婦の可能性に目を向けた企業が、 積極採用 する動きが顕著になりつつあります。

平成25年の入職率を見ますと、50代(女子)で50代全体の 10%前後 の人が入職している現実があります。

参考元:年齢階級別入職率・離職率

企業側も今50代を積極採用する業種が増加傾向にあるのです。

飲食業をはじめとするサービス業での接客、介護、調理スタッフ、販売業やコールセンター業務でのコミュニケーション能力など、優れている方は多いです。

これは、若い人にはない 人生経験豊かな落ち着いた丁寧な対応 があるからです。

保育士業界でも上述しましたように、有資格者の 求人ニーズも高く

  • 孫のような園児に対する対応
  • 保護者との良好な関係
  • 若手職員とのコミュニケーション

など、できる人が多く期待がふくらんでいます。

ブランクについては保育士として復職 ブランク不安の解消法を実際に聞きましたをご覧ください。

50代の保育士が転職を考える理由

病気が転職理由の場合

慢性的な腰痛はつきものです。

特に歩き始めの1歳児から2歳児にかけては、抱っこという体力がいります。それが積み重なると腰痛や腱鞘炎になってしまいます。

50代になりますと、このような健康上の理由で 別の仕事を探したり家庭に入ったり されることが多くなります。

体力が転職理由の場合

身体的な病気はなくても50代ともなりますと、体力的な衰えは確実にやってきます。

思い切り走れない、重い物が持てないということです。

体力面で不安を抱えていると、 一旦休養 ということになるのですね。

保育士の仕事は、動けなくなってしまっては勤まりません。

園児と外遊びをしたり、郊外にいったりしなければいけませんから、体力がないと厳しくなります。

キャリアアップが転職理由の場合

50代は、保育士の中でも超ベテランの域ですね。

役職へのキャリアアップ を考えて転職する人も多いです。

50代の転職理由の特徴の1つですね。

主任や園長として働きたいが、今の園だとなかなか空きがないという場合は転職を考えるでしょう。

空きがなければ、他の園に転職して 役職を得よう とするのです。

キャリアアップについては 保育士からキャリアアップ。主任保育士、園長になるには? をご覧ください。

ライフスタイルが転職理由の場合

最近増えてきているのが、働き方を変えたいという人です。

50代になると正社員としては、体力的にしんどいので、 パートという形に変えたい ということを転職理由にされる方もおられます。

ライフスタイルという点で、働きやすさを求めて転職されるのです。

実際、給料はどれくらい?他職種と比較してみた

保育士及び全業種の年収(都道府県別)をみますと、保育士の賃金はかなり低いと思っておいていいでしょう。

参考元:保育士等に関する関係資料

保育士の短時間労働の時間給をみますと、全職種よりも 40円程度低い ことが分かります。

保育士で非常勤やパートで働いても年収はそれほど高い水準とはならないことが分かります。

これをフルタイムに換算しても200万円から240万円程度(月20万円弱)にしかならないのです。

ただ、 扶養の範囲内で働きたい方にとってみれば年収を押さえることもできますので働きやすい とも言えます。

年収については保育士は転職して年収は上がるの?上がる傾向にある施設を知ろうをご覧ください。

ここまでのまとめ

前半では

  • 50代保育士の転職市場 企業はどう考えている?
  • 50代の保育士が転職を考える理由
  • 実際、給料はどれくらい?他職種と比較してみた

をお伝えしました。

実際、どうなんだとろう、と考えていた方も50代が必要とされていることが理解できたかと思います。

後半では具体的にどんな求人を探すべきなのかをお伝えします。

求人探しのポイント

50代の求人探しのポイントについてご紹介します。

ある東京都内の認証・認可保育園の募集要項をみていきます。

仕事内容 食事の介助、おむつ交換、散歩、食事や散歩等の準備、製作活動の準備、清掃、他雑務
雇用形態、賃金
パート・バイト
時給:1,150円~1,200円
保険等 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

※加入保険は法定通り

制度 資格取得支援制度、研修制度、扶養控除内考慮
勤務
週3~5日(月~土)にて勤務日応相談、7:00~20:00内のシフト制、1日5~6時間程度で勤務時間応相談、休憩30~45分
※勤務時間により休憩時間が変わります
福利厚生 有給休暇、年末年始休暇、夏期休暇
資格等 要保育士資格

※未経験可・ブランク可・年齢不問

ご覧のように「年齢不問」とありますが、 応募者が複数になれば買い手側はやはり若手を優先 します。

しかし、ブランクのあまりない転職の場合には、 50代でも経験を大いにアピール すれば、採用につながることもあります。

仕事内容と収入のバランスを考える

50代の求人探しのポイントは、まず仕事内容と収入の バランス (働き方)をしっかりと見極めることです。

それは、

  • ある程度の収入を得たいから働くのか
  • 転職によって乳幼児の保育を楽しむために働くのか

という目的をはっきりさせることです。

上記の募集要項で、一日5時間程度で週3日働くとしますと、6万円ほどの収入になります。

非常勤やパートであっても園児の保育だけではない 安全確保などの責任 が重くのしかかってきます。

精神的にもかなり気を遣いますので50代にとっては長時間の勤務は負担になるでしょう。

このような働き方は、50代の方の転職による求人探しのポイントになります。

福利厚生面にも目を向ける

非常勤やパートには社会保険がない場合があります。

50代で家庭事情によっては、福利厚生面も求人探しのポイントになります。

ご主人の扶養に入るがいいのか、雇用保険や健康保険のある 保育園を探す必要 があるのかを確認します。

また、保育士は、ご承知のように有休が取りにくい仕事です。

50代ですから休みを取ることもあることを頭に入れておきましょう。

比較的雇われやすい形態、向いてる形態

雇われやすい形態、向いている形態として、乳児保育をおすすめします。

50代での保育士の転職では、4,5歳児相手では体が持たないと感じられる方が多いでしょう。

そういう方のために、 0歳児から2歳児という乳児の保育 に関わる乳児保育があります。

0~2歳児は、保育という部分でも

  • 「積極的なコミュニケーション」
  • 「清潔のしつけ」
  • 「安心・安全面での配慮」

という比較的体力のいらない仕事になります。

50代の方にとってはやりやすい働き方といえるでしょう。

50代保育士が乳児保育で雇われやすいのは、買い手側である 乳児院が子育てに懸命な母親の相談役 として位置づけたいからです。

0~2歳児の保護者の方は非常に神経質になっておられます。

50代の保育士さんは「保護者のお母さん的な役割」として、きっと精神的な柱となり、保護者に喜ばれるものなのです。

年下が上司。50代保育士が転職をするときの心構え

50代保育士の転職は、保育園によってしっかりとした心構えが必要です。

管理職に近い役職に着いていて、都合で転職することになった保育士さんの体験談をご紹介します。

キャリアアップを目指しておられたけれども、園との折り合いが合わず退職された方です。

私は、16年間A保育園で働きました。

2年前には「園長候補」として位置づけられ、採用担当にまでなったのですが、一身上の都合でお休みをいただくことが多くなり、翌年には、担任として勤務させられるようになりました。

仕方のないことなのですが、「 もう休んで迷惑をかけることはない 」と話しましたが受け入れられず転職を決意しました。

B保育園に応募し、退職後ということもあって、すぐに採用していただきました。

しかし、待っていたのは「 年下の上司 」です。

理職候補まで登りつめていましたのでその上司の 頼りなさが目に余る のです。

管50代で採用担当まで経験のある私ですが、上司には 逆らえません。

「もっとこうすればいいのに」「それは指導としてまちがってるよ」など、言ってあげたいのですがそれもできず、 日々不満 がたまっていきました。

50代の転職では、この方のようにキャリアアップを目指す方でなくても年下の上司に出会います。

人によってはかなり厳しく言う人もいます。(当たり前ですが)

このように、転職をして年下の上司に出会ったときの心構えについてのポイントをまとめましょう。

  • 上司を立てて、コミュニケーションを図り、できるだけ話しやすい雰囲気をつくること。
  • 決して逆らわないこと。
    言いたいことがあれば、職員会議などの場で、保育園全体のこととして意見を言うようにすること。
  • あなたがいくら年齢や経験があっても、保育園では/strong上司が上であると、自覚すること。

未経験は雇ってもらえる?いつまで働ける?

次のような3つの求人情報があります。

【必要業務経験】経験は問わず不問

【資格】保育士資格

【必要業務経験】保育園・幼稚園での勤務経験(未経験は応相談)

【資格】保育士資格

【必要業務経験】<下記に当てはまる方大歓迎!>

  • 求める人物像は「こどもに愛情をもって接してくれる方」
  • 一般企業で管理職経験のある方
  • 幼稚園や認可外保育所の勤務経験のある方
  • 【資格】保育士資格

の保育園では、保育士資格を持っていれば 採用してもらえる ということですね。

も「応相談」とありますから、応募してみるのもいいでしょう。

も「愛情を持っていれば採用してくれる」ように読み取れます。

ただ、この求人を見て 多くの人が応募 してくることを忘れないでください。

20代の人もいます。

40代で管理職経験のある方もおられるでしょう。

そんな中で、50代で未経験のあなたが アピールをして採用 に結び付けなければならないのです。

未経験のあなたは、園児の保育についてもしっかりと勉強しなければなりませんが、保育士や保護者に対して人生経験が豊富で、 アドバイザー的な役割が果たせる ところをアピールすることです。

そんな厳しい求人に非常勤やパートとして採用されたとして、いつまで働くことができるでしょう。

あなた自身は体力が持つ限り、続けたいという思いはあるでしょう。

実は、園側もあなたと同じ思いで「 保育士未経験だが、子育て経験もあり、できる限り、続けて欲しい 」と思っておられます。

それには、二つの理由があります。

  • 条件面で合意もしているあなたのような方を新たに探すのはたいへん
  • 保護者や職員とうまくいってくれるなら、年齢的に高い方は、人当たりも良く、同じ人にいてもらえる方が保育園にとってもありがたい

このような買い手側の考えを意識して臨めば、50代保育士の転職であっても、待遇よく雇ってもらえますし、 長く働くことも可能 になります。

ここまでのまとめ

後半では

  • 求人探しのポイント
  • 比較的雇われやすい形態、向いてる形態
  • 年下が上司。50代保育士が転職をするときの心構え
  • 未経験は雇ってもらえる?いつまで働ける?

をお伝えしました。

このコンテンツを読んでいただければ50代から保育士として転職することを自分が考えていたよりも 難しくない ことがご理解いただけるはずです。

ぜひ、参考にしてください。

50代で転職をしてみたい方は 保育士求人転職プロ をご覧ください。

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?