30代保育士転職の実際。園は若い子より30代以上が欲しいといいます。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

30代保育士で転職を考えている人

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 30代保育士で転職を考えている人

対象者は続きをお読みください。

30代後半保育士の転職は売り手買い手市場?

30代の保育士の転職は、売り手市場にとっては 最後の機会 だとも言われます。

確かに転職を考えるときに35歳を過ぎたころからだんだん難しくなってくるのは事実です。

ただ、社会情勢を見ましてもまだまだ買い手市場としても、手に入れたい30代ということにもなっています。

30代のメリット・デメリット

保育士の転職を考えられる方は、一緒に過ごした園児とのふれあいが忘れられず、やりがいや感動を もう一度味わいたいとい う思いをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

30代の保育士の転職では、いろいろなケースが考えられます。

少なくとも一度は保育士経験のあるあなたですから、保育士としてやる気がある方にとっては、自信という点や気力や体力がみなぎった 年齢という強み があることでしょう。

それは、新人や経験のない方よりは 保育園事情 を知っておられるからです。

いろいろな保育園事情を経験されていると思います。

残業や持ち帰り仕事、重労働、さらには、複雑な人間関係・・・人によって、園によって、その経験はさまざまでしょうが、園児との楽しい思い出ばかりでないことも事実です。

そんな中で、他の職種への転職をされている方もおられますが、保育士という仕事に未練がある方もおられるのですね。

ここでは、30代の方ならではの保育園の転職のメリット・デメリットをご紹介します。

メリット merit demerit

30代保育士の転職のメリット

体力面での強み

30代といえば体力的にもまだまだ自信のある年代ですね。

保育園では、年中行事において細かい作業も多いですが、 重労働になることもしばしばです。

女性が多い職場ですので、職員の男性にばかり任せておくわけにも行きません。

30代の出番は多くなります。

重い物を持つことありますし、釘打ちなどの作業をすることもあります。

30代で子育てを終えての転職の場合ですと、重くなってきたお子さんを抱っこされてきていますので、重いものを持つ作業には耐えることができるでしょう。

たいへんだ!と思われる方もおられるでしょうが、体力のある30代の方にとっては、人間関係という点を考えますとメリットがあります。

やってくれる人、当てになる人 」これが大きいのです。

人間関係上、当てにされているということは、頼りにされることですから、いくら 保育園経験の短い保育士さんの転職であってもとても大きなメリット になるのです。

体力 ポーズをとる女性16

一度経験したという強み

保育士として 働いた経験は、転職の際には非常に大きなメリット になります。

保育園側は応募者のあなたが30代だと分かると、保育士経験があるということだけで非常に有利に働きます。

この強みをメリットとして大いに生かしてください。

30代保育士の転職のデメリット

即戦力というプレッシャー

30代といいますと、民間においても油に乗り切ってくる年齢です。

20代の無我夢中から、主任という立場を任されるような年齢でもあります。

転職をして即主任というケースはないでしょうが、 2,3年後にはそのポジションにつくことになることは覚悟 しておかなければなりません。

20代で結婚、出産退職をして、新たに保育士を目指される場合、あなた自身も、20代のあなたとは違いますし、保育園側も経験のある30代のあなたとして見ることになります。

ということは、即戦力という捉え方をされるということです。

前述の「一度経験したという強み」が 返って邪魔 をすることがあるということです。

  • 「なんだ、こんなことも知らないのか」
  • 「こんなこともできないの?」

ーということになるからです。

自分自身は、新人のような新たな気持ちで就職(応募)したのに保育園側はそうは思わないものです。

目標に向かって指を差す

20代、40代とはここが違う!30代保育士の魅力

保育士不足が社会問題になって、人材確保に悩む保育園は、50代でもいいから潜在保育士を求めているのが現状です。

今保育士の転職は、 あまり年齢に関係ない ともいえます。

今後も保育士需要は増えていくでしょうから、他の年齢層にはない30代の魅力をアピールすれば、あなたを受け入れくれる転職先は多くなるはずです。

保育士の資格取得に年齢制限はありません。

『東京都で把握している保育士の状況(東京都H25.8時点)』を見ますとー

30歳未満 6,181(40.2%)
30歳以上40歳未満 3,782(24.6%)
40歳以上50歳未満 2,916(19.0%)
50歳以上 1,774(11.5%)

となっています。

圧倒的に20代が多いのですが、30代も全体的に見ますと 4人に1人 ということが分かります。

引用元:厚生労働省 保育士等に関する関係資料より

20代が圧倒的に多い理由として、保育園の立場でみますと、 若くて独身 である、ということでしょう。

保育士は、残業も多く激務と言われ、自己都合ではなかなか休めない職業ですから、余裕のない園にとってみますと休んでもらっては困るのです。

「年齢制限なし」としながらも 25歳以下の保育士を求めている園が多い のです。

しかし、30代であれば上述の「体力」や「経験」という部分で20代に勝るメリットがありますから、その魅力をアピールすれば30代の方でも採用されやすいです。

では、その魅力を面接でどうアピールすればいいでしょう。

以下、「30代後半の保育士は何をアピールすべきか?」で、質問例と答え方例、そのポイントをご紹介します。

ここまでのまとめ

前半ではー

  • 30代後半保育士の転職は売り手買い手市場?
  • 30代保育士転職のメリットデメリット
  • 20代、40代とはここが違う!30代の魅力

ーをお伝えしてきました。

後半では具体的にどうアピールするかなどを解説します。

転職の他の記事は

をご覧ください。

30代から転職を考えている人は 保育士求人転職プロ をご覧ください。

30代後半の保育士は何をアピールすべきか?

「30代のメリット・デメリット」でご紹介しましたが、メリットにあります 体力に自信がある場合や長く勤めた経験 がある場合には大いにアピールすべきです。

面接では、あなたが書いた履歴書や職務経歴書を基にして行われます。

以下、面接で体力と経験について問われたときの答え方とそのポイントについてご紹介します。

面接

質問例1

前保育園で6年間勤務されて結婚退職、出産、子育て後の復職ということですが、保育士は体力的にしんどい仕事だということはお分かりでしょう。

10年近くのブランク がおありですが、体力はどうでしょうか。

答え方例1

確かに体力は20代に比べますと落ちていると思います。

ただ、新卒で前の保育園で勤務していた頃よりも体幹(バランス)という点では強くなったと思っています。

子どもを抱っこするなどして力も付いたように思います。

また、子育て中には、保育士としてもう一度働くためには、 体力づくりが必要だと思いが強かったですのでジムにも通いました。

ポイント1

30代後半ですから、体力という点では20代の新人には及ばないでしょう。

そこでアピールしたいことは、 子育てという強い経験 です。

女性は子育てによって強くなります。

若い頃の自分には体力では及ばないが、体幹(バランス)という点ではその頃よりもあります、ということで、 体力についての質問をクリア していきましょう。

ブランクについては 保育士として復職。ブランク不安の解消法を実際に聞きました をご覧ください。

子育て 母と子 抱っこ23

質問例2

本保育園の保育士の年齢層は少し高いです。

30代後半のあなたには、体力的にもがんばっていただきたいという期待をしているのですがいかがでしょうか。

答え方例2

体力には自信があります。

10年余りの保育士経験で培った根性は誰にも負けない自信があります。

私よりベテランの方も多いとお聞きしました。

我が子も大きくなりましたが、子育てでは、私自身もかなり鍛えられたと思っています。

まだまだ園児と遊んだり、走ったりできますし、残業がありますときにもそれに耐える体力はあると思っています。

ポイント2

子育てで鍛えられたという部分が大切です。

保育園事情によっては、 30代後半のあなたにも体力的な部分で期待される場合もあります。

体力を述べるときに、残業に触れるときには、「残業もできます」という強い言い切りは禁物です。

「残業がありますときにも・・・」という程度にしておきましょう。

質問例3

今まで保育士として10年間勤務されてきていますが、 その間に学ばれたことを、本園でどう生かされますか。

答え方例3

私は前園を退職する前2年間は、4歳児、5歳児の主任を任されました。

主任は担任を持たず、5クラスすべてを見るという役割でした。

その2年間はほんとうに忙しかったのですが、多くの園児や保護者の方とも触れ合え、担任の保育士の悩みを聞いたり話し込んだりしてきました。

この経験によって私自身が大きく成長 したように思います。

ブランク中も、保育士としての復職を頭に入れながら保育全般の勉強は欠かさずしてきました。

貴園でお世話になることになりましたら、担任としてはもちろんのこと、若い先生もいらっしゃいますので、相談相手にもなれると思います。

ポイント3

前園でどんな貢献をしてきたかということを話します。

この方のように、主任という立場についた経験は、即戦力を求める保育園ならば、手が出るほど欲しい存在です。

主任でなくても、「年中行事でピアノを担当した」や「英語の担当になって、アメリカ人講師さんの担当になったことがある」という特技の部分をアピールすると印象はかなりよくなります。

経験 First step 踏み出す二人

志望動機

書き方例

新人の頃は、無我夢中でした。

悩みや不満もなかったように記憶しています。

でも就職して働き始めますと、保育士という仕事は、 園児との楽しさだけではない、多くの辛さも経験しました。

でもそれもやりがいの一つと、前向きに捉えて勤務していました。

今回貴園の保育方針を見せていただき、きめ細やかな保育の徹底という部分に特に惹かれました。

私が目指しています「 しんどいけれどもやりがいのある仕事 」ができると思います。

※上記は例文です。

ポイント

ブランクがあるにもかかわらず、再度保育士になることを決意されたのですから、志望動機は、 採用時のたいへん重要な決め手 になります。

まず、あなたが新人として就職した時のことを思い出してみましょう。

初心忘るべからずですね。

保育士資格をなぜ取得したのか、なぜ前園を就職先に選んだのかという部分です。

これは、 初心に戻っているという謙虚さ にもつながります。

マイナスの要素の保育士事情は、社会問題にもなっています。

自分が思っていた仕事とかけ離れているのに楽しいと感じ、 転職という形を望むのはなぜなのか ということです。

また、応募した保育園を希望した理由については、前園のことを書くよりも、保育方針や規模など、自分が、応募した園のどこに魅力を感じているかを書くようにします。

情報収集はこうしよう。30代はこういう求人を考えるべき

若いかどうかの線引きは30歳なのでしょうか。

無我夢中な20代から、 周りが気になりだす30代 ということなのです。

30代の方の保育士の転職では、 周りを気にしないで働く意志をもつことも必要なのでしょう。

また、30代での転職では、自分にとってのラストチャンス、決まった保育園で 保育士人生を全うするぐらいの覚悟も入ります。

転職をしてもすぐに辞めてしまったら意味がありませんね。

そのための情報収集をどう行うかの視点とその方法についてご紹介します。

情報収集のための視点

広い視野で求人情報を見てみる

広い視野で探す 」ことが大切です。

保育士の転職先が多岐に渡ってあることを知っておきましょう。

  • 保育園
  • 幼稚園
  • 企業内保育所
  • 児童館
  • 託児所

ーなどの選択肢があるのです。

就学前の子どもさんがいるところで保育士さんが活躍できるということですね。

広く求人を見ることも考えに入れましょう。

そうすれば、あなたが家庭と仕事の割合をどう考えるかによって、正社員ではなくパートやアルバイトでも働くことができるのです。

視野 決意 遠くを見る人1

多くを望まない

新人ではありませんから、 どの園でも採用してくれるわけでは ありません。

あなたの希望に合った職場を望むのはなかなか難しいと思っておいたほうがいいでしょう。

面接時などに園の方針をある程度受け入れることも必要になります。

30代とはいえ、ブランクがある場合には園にとっては新人です。

多くを望むのは控えたほうがいいでしょう。

情報収集方法

保育士専門転職サイトのメリット

ハローワークや地域情報誌にも保育士募集中の掲載はされていますが、今ではインターネット上の保育士転職サイトで情報を探すのが一番です。

家にいながら転職活動ができるのですからありがたいことです。

また、保育士転職サイトには、ハローワークでは紹介されていない 求人情報が多く紹介されているのもメリット といえます。

無料ということもあり、転職の際の面接についてのアドバイスやいろいろな相談に対応できるサービスも行われているのです。

担当者が仲介役となり、求人情報やあなたが希望する条件での検索、面接日時の調整をしてくれます。

優先順位をつけてみよう

保育士の転職を考える時には、ブランクの長さも影響します。

先生という仕事は第一には 子どもとの関わりが重要 です。

また、保護者の方とのコミュニケ―ションやアドバイスなどもしていかなければなりません。

ブランク中に、他職であっても就業経験がある方もおられれば、子育てのために、ずっと家にいた方もおられるでしょう。

保育士の 転職に向けてやっておいた方がいいこと の優先順位をご紹介します。

接客業などのパートで仕事慣れ

ブランク中に未就業ならば、仕事そのものにブランクがあることになります。

30代、それも後半には、 お給料をもらって働くということ自体に不安 を感じるものです。

ブランクがあって保育士の転職を考える場合には、まずは仕事慣れをしておく必要があります。

できれば 人と接する仕事 (接客業など)をしておくことが大切です。

幼児とのふれあいを重視

園児や保護者とのコミュニケーションもしておく必要があります。

その 能力を高めておく ことが重要です。

何年か前に保育士をしているときには、いわゆる「 言葉の引き出し 」にはいっぱい詰まっていたことでしょう。

ブランクによって、我が子への声がけはできるものの、 他の子どもに対しては、どう話していいかが分からなくなっている 場合もあるのです。

親せきや知り合いの子どもさんと、公園などで過ごすことも必要ですね。

保育そのもの

ブランクがある場合には、保育でよく使う曲のピアノの練習も重要な要素になります。

また、手遊び、外遊びや室内遊び、工作や絵画なども練習しておかなければなりません。

また、 役に立つペープサートやパネルシアターなどの教材もいろいろと作製 しておくことも必要です。

一旦働き出したら作る時間が無くなるということになりますから、事前にやっていくことが大切です。

園探し

あなたの希望の条件に合う求人情報から探すのはなかなかたいへんです。

規模や給与、勤務時間など妥協できることも含めて希望に合ったところを探します。

その決め手は「 自分が何を大切にするか 」ということです。

また、探れるものならば「 評判 」も大切にしたいことです。

保育園の評判が悪ければあえて選択する必要はないわけですからそんな情報には敏感になっておきましょう。

園見学

園見学は、最終段階です。

保育園によっては、園見学が可能なところもあります。

転職で最も注目したい職員の人間関係、年齢層、たいへんさなど、 園見学によってある程度その雰囲気をつかむ ことができます。

園児と保育士の関わり方などの保育のようすや保護者との関係もみえてきます。30代でブランクのあるあなたは、積極的に質問も用意しておきましょう。

優先順位 チェックリスト2

保育士人生で考えた場合、30代後半で考えておいたほうがよいこと

仕事と家庭のバランス

30代後半にもなりますと、結婚や子育てを含めて 家庭とのバランス が大切になります。

20代で結婚・出産で保育士を退職し、子どもさんが小学校高学年で復職するパターンはよくあります。

子どもさんの子育て経験をされている場合には、 保育士の転職では強い切り札になりますね。

しかし、保育士は、肉体的にも時間的にもしんどい仕事です。

家にいる時間が短くなる分、子どもさんとの時間が短くなったりコミュニケーションが減ったりします。

夫婦関係もそれによって悪化する場合もあります。

30代後半になってそんなことにならないように、 保育士の仕事と家庭の両立 をしっかりと考えましょう。

10年先を見通して

しかしながら、家計という面を考えて保育士の転職を考えられる方もおられます。

今家庭の事情を考えられるならば 10年後のことを考えてみる ことをおすすめします。

30代と40代では求人数も変わってきます。

30代後半の今だからこそ転職のチャンスともいえるのです。

仕事と家庭の両立を考えるときには、 10年先を判断基準 にするのもいいでしょう。

ここまでのまとめ

後半ではー

  • 30代後半の保育士は何をアピールすべきか?
    • 面接
    • 志望動機
  • 情報収集はこうしよう。30代はこういう求人を考えるべき
  • 優先順位をつけてみよう
  • 保育士人生で考えた場合、30代後半で考えておいたほうがよいこと

ーとより具体的なことを解説しました。

お伝えしていますが30代は重宝される年齢でもあります。

是非、参考にしてください。

30代から転職を考えている人は 保育士求人転職プロ をご覧ください。

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?