【転職しやすい年代?】20代後半の保育士が転職してみた

このコンテンツでは下記の方が対象です。

20代後半の保育士で転職を考えている人

対象者の方は続きをお読みください。

保育士の今出川麗子です。

このコンテンツでは下記の方が対象です。

  • 20代後半の保育士で転職を考えている人

対象者は続きをお読みください。

20代後半保育士の転職は売り手買い手市場?

20代の保育士は売り手市場です。

20代後半保育士の転職は何らかの事情で退職となり、再度保育士を目指される方が多いでしょう。

保育士は続けたいが、 自身の条件に合うところを求めているのが売り手市場の立場です。

それに対して、買い手の方は、20代後半といえば保育士不足の中で1番といってもよいほど欲しい人材なのです。

この保育現場における人材不足の現状をみますと、 保育士資格を有するハローワーク求職者のうち約半数が、保育士としての就業を希望していない という現状があります。

保育士資格を取得しながら保育士を望まない、一度退職してももう保育士は嫌だという方が多いのが現状です。

こういった要因が保育士、特に20代が売り手市場の理由です。

その原因は、次のような3つのことがあげられます。

参考元:保育分野における人材不足の現状①

責任の重さ

「子どもの命を預かる」という特殊な仕事ということが 非常に重い ということがあげられます。

一度でも小さい子どもと接する経験をしていませんと、慎重にならざるを得ないのです。

また、保育士の転職の場合、 責任という上で何らかの出来事があったとも 考えられます。

防犯上、また防災上園児を守るという重要な役割もあります。

就業時間や休日の確保

保育士を続けていますと、その激務の勤務からいつの間にか疲れがたまり、体や心に変調をきたすこともあります。

もちろん保育園によって事情はちがいますが、就業時間が長すぎる、休日も保育の仕事で忙しいなどの原因で転職をしようとする方にとっては、 大きな原因 となります。

自分の時間が持てないという理由で退職される方も多いのです。

賃金

この仕事は、仕事量という点ではかなり多いです。

その分、それだけの見返りである給料であればよいですが待遇改善はされてはきているものの、 まだまだ十分とは言えません。

20代の退職事由としては、給与面で安定した収入の職に就きつきたいという意見が多いです。

中には「資格を持つ専門職としては安く、コンビニやスーパーのバイトよりも時給が安い」という自治体もあるようです。

参考元:潜在保育士ガイドブック

そのことで勤続5年未満の半数という短い勤続年数や潜在保育士を 生み出す要因 にもなっているともいえます。

また、そういった理由から保育士不足が表面化し保育士の有効求人倍率は、平成26年1月で 全国平均が1.74倍 となっています。

参考元:保育分野における人材不足の現状①

上記のような理由から即戦力の保育士求人をしている保育園は、20代後半で、一度でも保育園に働いた経験があるのなら明日からでも来てほしいという思いでしょう。

売り手にとってはチャンスですね。

年収に関しては保育士は転職して年収は上がるの?上がる傾向にある施設を知ろうをご覧ください。

時と場合によっては20代でも敬遠される?

時と場合によっては20代保育士でも敬遠されることがあります。

20代後半保育士だから 誰でも有利かといえばそうとはいえません。

次のような資料があります。

保育園を離職した理由

個人的な理由として
家庭との両立が難しい 25.6%
近い将来結婚や出産をする 18.6%
自身の健康や体力 17.8%
職場環境が理由
人間関係 26.5%
雇用条件に不満 16.9%

参考元:潜在保育士ガイドブック

「家庭との両立が難しい」という理由で退職した人が転職して保育園が変わったとしても、園側は、

  • 働き続けることができるのか
  • 同じような理由ですぐに辞めてしまうのではないか

という 危惧を持ってしまいます。

このような場合もあります。

忙しさのあまり他の保育士との コミュニケーションを取らず 、いつの間にか一人になっている、年中行事が迫っているときなどに、つい年上の保育士から強く言われるということがあります。

どの園でもそれなりの忙しさがあり、その忙しさが 人間関係に影響する場合 もあるということです。

園側は、人間関係に耐えられないで辞めてしまった人が、転職によって保育園が変わったとしても同じ事が起こるのではないかという不安を抱くのです。

園側は「 20代であってもそういう人はいらない 」のです。

反対に「結婚、出産による離職」の場合には、出産から我が子の成長(発達段階)を見ることになります。

叱ったり褒めたりというタイミングも学んでいきます。

それが 経験という強み としての転職になるので、園側にとったら「 この園で働いてもらいたい 」という思いになるのです。

子育てについてはぶっちゃけ保育士と子育て両立出来る?出来る出来ない人の違いをご覧ください。

転職の流れについては 「初めてだから不安」な人でも保育士転職の流れがまるわかり をご覧ください。

ここまでのまとめ

前半では

  • 20代後半保育士の転職は売り手買い手市場?

を公的な資料を基にお伝えしてきました。

買い手市場ではあるが、 辞め方によっては不採用になる場合もある ことは覚えておきましょう。

20代後半の保育士は何をアピールすべきか?

面接

20代後半の保育士の転職では、20代という年齢の強みを持っていることを忘れてはいけません。

20代は、 体力的にも大いに活躍 できる年齢です。

また、社会で揉まれていない分、まだまだ新鮮という年齢でもあります。

買い手側にしてみれば、結婚や出産があったとしても、20代であるあなたは「 これからこの園で中心 」になって働いてもらえる人材なのです。

ただ、現在のあなたの体調や保育への意欲、あなたのこれからの出産計画をしっかりと持って、園側に 話しておくこと は必要です。

結婚、出産による退職があった場合、保育園側は一時的にでも保育業務から離れていたブランクによる不安や二人目三人目の出産もあるのではないかという 危惧が生まれる ものです。

結婚や出産で長く働けないのではないか、すぐに辞められるのではないか、また、働き始めても無理がきかないのではないかという不安です。

独身の場合にも結婚、出産ということが待ち受けているのではないかという 不安が発生 するでしょう。

このようなことから、面接で聞かれることで一番に考えられることは、

  • 結婚(未婚の場合)や出産のこと
  • あなたが考える将来設計

です。

園側は、もちろん新卒者であっても今述べたような不安を持って採用します。

しかし、20代前半の新卒者の場合には、 5年はやってくれるだろうという 年数の見通しは持って採用するものです。

結果、

  • 「転職者は慎重に選ぶ」

というのが 園の考え方 です。

上記をふまえ20代後半保育士が転職する際の面接で、将来設計について聞かれたときにはどう答えるのがいいのでしょうか。

質問例1

結婚退職され、お子さんをお持ちですが、今後の出産計画について聞かせてもらえますか。

答え方例1

今回、応募させていただくにあたっては、主人と十分に話し合いました。

二人目のことも考えましたが、一人目の出産時に私自身の体調がかなり悪くなり、その様子からも、子どもは一人でいいと思いました。

それは主人も理解してくれています。

私の保育士として働く意志は強く、ぜひ貴園で働かせていただければと思っております。

ポイント①

20代後半は、我が子のことを考える年齢です。

二人目三人目を、という年齢ですね。

保育園側は、20代後半の保育士の転職の 出産計画ということが非常に気になる のです。

勤続年数が読めないのでは採用できないのは当然ですね。

ですから20代後半の保育士の転職は、「 産まない覚悟 」を園側にしっかりと伝えることが重要です。

質問例2

前の仕事を辞めてここを選ばれたのはどうしてですか。また、前職の経験がどう活かされると思われますか。

答え方例2

大学を出まして幼稚園や保育園という選択肢がありましたが、家族や親戚に小さい子どもがいませんでしたので、小規模の保育所で小さい子どもさんについて知りたいという思いで勤務させていただきました。

保育をしていく中で、意外とスムーズに園児に溶け込むことができました。

そんな中、所長さんにも「 もっと大きな園で働いてみたら、やりがいももっと出てくるよ。 」というお話をいただき、転職を決心しました。

私の保育士としての生き方をあらためて考え直し、日々の保育や年中行事、特に私の特技としています音楽に力を入れておられる貴園のことを知り、応募を決めました。

多くの園児がいる貴園に採用していただきましたら、前園でのきめ細かい保育をしてきました経験を大いに生かしたいと思います。

大規模ならではの忙しさもあろうかと思いますが、体力や精神力には自信があります。

どうぞよろしくお願いいたします。

ポイント②

20代という強みを生かした保育士の転職ですから、環境の変化を望むのもありでしょう。

小規模から大規模、反対もあるでしょうが、 自己を高めるという意味 で、園側に理解してもらえることでしょう。

今まで保育士として働いてきた経験は大きいです。

新しい 職場でどう生かすかを大いにアピール しましょう。

志望動機

20代後半の保育士の転職で志望動機をどう答え、どうアピールするのがいいのでしょうか。

面接で必ず聞かれる志望動機ですね。

一般的に保育士の志望動機では、

  • なりたい理由
  • 転職を考えた理由
  • この保育園で働きたい理由

などを述べますが、 20代後半の保育士の転職だからこその志望動機 を述べたいものです。

保育士の志望動機は、まず「子どもが好き」なことです。

転職においては、子どもとふれあい理解した経験というものは、大きな強みとなり、これからの 保育士としての自分をアピール できるものになります。

志望動機例

今回は転職という形で応募させていただきましたが、「初心わするべからず」私は保育経験を強みにしながらも、リセットした私で望みたいと思っています。

と言いますのも、結婚、出産を経験し、子育ての中でいろいろな経験も積みました。

これは、結婚前の私にはなかったことです。

出産、子育てで一回り大きくなったと思っています。

褒めるタイミングや叱るタイミング、あるいは、子ども目線で接するときと、先生として接するときなど、 メリハリのある保育士 として働く自信が生まれました。

ポイント③

保育園側に取ってみますと、20代後半保育士の転職者は、少し中途半端に見られる場合が多いです。

上述しましたが、結婚されるのではないか、出産されるのではないかという思いがあります。

そんな不安に答えながら、志望動機としては、子育て経験で得た 子ども理解の部分 を大いにアピールすべきです。

子どもさんを預かるという 責任の大きさの実感 も付け加えるといいでしょう。

面接時には、新卒者に負けないフレッシュさとともに、 落ち着いた社会人ということを全面に出す こと、ビジネスマナーというものもアピールのうちの一つです。

また、園側は、「転職者は即戦力」という思いを持っています。

経験を述べる中にも、 その経験をどう活かそうと考えているか を伝えることが重要です。

志望動機 採用面接・会議1

保育士人生で考えた場合、20代後半で考えておいたほうがよいこと

20代後半保育士の転職は、人生においてまさに決断のときです。

決断する生き方は次の3点です。

  • 保育士として転職して働き続ける
  • 子育てもあり、働くならアルバイト、パートとして働く(保育士とは限らない)
  • 結婚や出産で転職をあきらめる、あるいは転職を先延ばしにする

一般的な社会人では、20代後半にもなるとグループリーダーを任されたり、プロジェクトの 中心として働いたりする年齢 です。

ですが、女性の場合には、結婚、出産となりますとそういうわけにはいきません。

一度退職して転職する場合、会社でもなかなか受け入れられない場合もあるようです。

保育士の世界をみますと、20代後半は結婚や出産によって退職する人が多くいます。

保育士を辞めて行く年代なのです。

結婚せずに働いている方ももちろんいますが、 分岐点となっている ことは確かです。

30代半ばになってから復職するという方が多いことも分かります。

20代後半に転職をするという分岐点を選択した場合は条件が整えば有利といえます。

結婚しても 保育士の仕事を続ける決意 をされたなら、その意思は、面接などでもはっきりと伝えることです。

これから、結婚退職も考えている場合は伝えない方がいいでしょう。

出産は、予定出産が最適ですが「 欲しいけれども予定はない 」と答えておかなければいけません。

園側としても2年ぐらいで辞める人を雇うことはしません。

いかがでしょうか。

あなた自身が保育というものにどれだけ 魅せられているかどうかでも大きく違ってくるでしょう。

また、既婚、未婚、子どもさんがいるかどうか、ご主人の理解など、さまざまな要因によっても左右されることでしょう。

そこには、保育士の転職というよりは、自分自身が今後の人生をどう歩むのかを決める瞬間でもあります。

じっくり考えた上で、転職活動に臨んでください。

妊娠については保育士が妊娠。報告のタイミング。これを機に産休する辞める?をご覧ください。

ここまでのまとめ

後半では

  • 20代後半の保育士は何をアピールすべきか?
    • 面接
    • 志望動機
  • 保育士人生で考えた場合、20代後半で考えておいたほうがよいこと

具体的なことをお伝えしてきました。

立場や年齢が同じであれば考える、悩むこともさほど変わりません。

是非、あなたの保育人生に役立ててください。

20代の今だから経験を活かした転職をしたい方は 保育士求人転職プロ をご覧ください。

※このコンテンツは保育士の方に作成していただいています。


HOME
に戻る


ページ
TOP

非公開求人を応募してみる

無料で求人登録してみる
ハローワークやネット求人
どれが1番好条件の求人があるの?