心理カウンセラーを受けました。20代30代40代、社会人、高卒の声

心理カウンセラーになるには

当社の心理カウンセラー講座は20代30代40代色んな年代の人が受講されています。

もちろん社会人や高卒の人学歴も色んな人が心理カウンセラー講座を受講されています。

そんな人たちがなぜ心理カウンセラー講座を受けたかに回答してもらいました。

今、20代30代40代の人も高卒、社会人の人も是非、心理カウンセラー講座を受けた受講生の声を参考にして下さい。

20代30代40代から心理カウンセラー講座を受けた理由

m_002

m_001

m_003

koe1

寺田 安奈 さん

私は生来、人付き合いが苦手なので、カウンセリングという未知の領域を勉強する決意を付けるまでに随分と時間が掛かりました。資料請求から教材が送られてくるまでも、本当にやり通せるか不安はありましたが、解り易くまとめてあるテキストと、生徒一人一人を理解し、勉強のみならず精神的なサポートもして下さる先生方の支えを受けられた事で、私は無事に看護師実践コースを終了できました。

koe2

塩地 愛 さん

きっかけは、いろんな人との出会いからです。自分自身の心のケア・改善や克服。プライベートで話を聴く事や話す事が増え時には、心内や悩み事も聴く事も…そこでもっと、上手に話しを聴け、上手に話せたらと思い講座希望。その時、出会った担当の砂辺先生の温かい御言葉と御指導とお勧めにより、講座で学ぶ事にしました。学ぶ事で大切な人とのコミュニケーションを身につけられ自信にも、繋がり出会えて良かったと感謝してます。(講座修得後も、アドバイスやサポート。担任の先生も優しく指導二重の喜びでした。ありがとうございました。

koe3

永島 久美子 さん

私は、住宅型介護施設で働いてます。利用者様の心の声をいつも聴いていますが、自分がどう応えて良いかわからず、又、同じ職場で働く方のフォローをどうしたら良いか学びたくて受講しました。本に答えは載ってませんが、自分ならどうするか少し考えられる様になり、どうする事も大切なのか学ぶ事が出来ました。まだまだ勉強中なのですが、何より自分をメンタルする事も大切です。それも教えて頂けました。私はこの講座で学んだ事を活かし、自分をもっとスキルアップさせ、皆様が笑顔で暮らせる様、手助け出来る人になれたらと思っています。

koe4

新井 幸江 さん

私は、幼児期から虐待を受け続け、結婚後はDVが続き、うつ病と不安神経症を発症し、アルコール依存症にもなってしまいました。離婚したり、環境が変わっても急に完治するわけもなく、自殺未遂を繰り返したり、人との関わりをあきらめていました。けれど、この講座と出逢い、テキストやメールセミナーで多くの事を学び、書いてあることが自分にピッタリなので面白く、理解しやすく、苦もなく進むことができます。先生も優しく、会話が楽しく、質問や報告が楽しみです。学習も中盤を過ぎた頃から、無意識のうちに自分の中で変化が表れたようで、自然にやる気が湧いてきて、体を動かす事が気持ち良くて、作らなくても笑顔でいられて、自分に自信が持てて、自分の意志を伝えることができて、堂々と振る舞うこともできて、周囲の人たちから「前とは表情も話し方も変わったね」と言われ、頼られ、誉められるようになりました。益々自信が付くし、学習で得た知識も含めて会話ができるので、うわべだけの励ましにならなくて済みます。途中、セルフカウンセリングの添削レポートの郵便が、不備により到着しないというアクシデントもありましたが、先生の協力のお陰で、なんとか年内に修了できそうです。この学習は、日常生活で活用できるので、始めて良かったと心から思っています。

koe5

鈴木 秀一 さん

自分にとって、輝ける瞬間とは接客業をしている時です。ありのままの自分を表現出来て、お客さまと一緒に素敵な時間を共有したい気持ちで一杯になります。しかし好きという気持ちだけで進むうち、自分のしている事は理にかなった事なのか?お客様に受け入れてもらえているのか?と胸の突き上げがおきていました。そんな時、偶然目にしたメンタル心理士。まさに自分の求めていたものでした。テキストを進めるうちに、自分の行なってきた接客論が確信に変わり、形にすべきだと心に誓いました。遠方の茨城県に住む自分が安心して受講出来たのも、指導部の砂辺先生を始めスタッフ皆さんのお陰です。本当に感謝しています。
人生は一度きり。これから始まる物語の主人公はあなたです。素敵なストーリーは前進する人に与えられるもの。興味があるもの、好きな事は迷わず進んでください。その先には必ず納得いく結果が残るはずです。

koe6

佐藤 恵 さん

私がこの資格を採ろうと思ったきっかけは、人と話をするのが好きということと、自分自信過去に挫折したことがあり、悩みを抱えている人の力になりたいと思ったからです。勉強を始めた今、ファミリーレストランで働いている私はお客様に対して、広い心で接客ができるようになりましたし、私生活でも客観的に考えることができるようになり、今後自分自信が親になったときのことまで考えられるようになりました。それ以上に、勉強を通じて自分自身をみつめ直すことができました。
無事資格を取得できたら、カウンセリングにかかわる職につきたいということはもちろんのことですが、私のまわりで支えてくれている人のためにこの知識を生かしていきたいと思います。

koe7

鈴木 哲磁 さん

私は、横浜に住んで診療所で仕事をしています。偶然にも、この講座に出会い、勉強を始める事が出来ました。診療所に来られる患者さん、健康診断を受けに来られる方々、一人一人性格が違いますし、言葉の奥にある心を分かってあげるのが簡単ではないなと、壁を感じていたところでした。
この講座を受け始めて、僅かな時間しか経っていませんし、仕事も忙しくて、思うように捗っていませんが、以前よりも相手を理解することに、気持ちのなかに余裕があるように感じている所です。信頼されるカウンセラーになれるように、頑張って勉強していこうと思っています。

koe8

藤川 純子 さん

幸せを感じる、生きるってどういう事でしょう?50歳を越え様々な体験、又職業柄多くの人々と接する機会に恵まれ自分自身をも含め、「心に痛みを感じている人」のなんと多い事でしょう。メンタル面のカウンセラーになりたいとの思いは日々強くなりたい。そんな折探していた通信講座で。更に講座の1つ目に「マザーテレサの愛」が組み込まれ私にとっては絶好のチャンス。是非ここで受講をと即決。この先はご指導を元に充実を伴う卒業を目指し、ひいてはどんあ小さな形であっても社会貢献させて頂ければと深く思います。
こうして巡り合えました事に深く感謝しておりますと共にスタッフの方や協会からのメールには励まされ続けています。ありがとうございます。そしてよろしく御願いします。

koe9

入福 和子 さん

私は、こちらの学校に今年の一月から入り心理カウンセリングを学んでいます。こちらの学校を選んだキッカケとしては、スタッフの方の熱心なアドバイスが、凄く魅力的に感じ今よりも更に心理カウンセラーに近づけるのではないかと思いこちらの学校を選択しました。そして、実際に勉強を始める中で分からないことや色んな悩みが出てきた時に担当の方にお電話をすると、いつも明るい声で対応して頂き前向きに勉強していく勇気を貰えたように思います。それから、テキストの内容もプロの心理カウンセラーになるのには、充分な内容で分かり易くあっという間に読み終えることが出来一つ一つの添削レポートを終えていく中で今の世の中で最も必要とされているコミュニケーションの取り方で、どんな心の姿勢で相手の言葉を聞けばいいのかというのが分かってきました。そうすると周りの人間関係がより良くなり、人から深い話を受けるようにもなりました。
そして、この度、四月にメンタル心理士の資格を取得することが出来ました。これからは、実践へと頑張っていきたいと思います。

koe010

千葉 愛 さん

病院調理師として勤務していますが、これまでは病院給食を作る事が中心でしたが、医療の進歩により緩和ケア(ガン患者様の治療)が始まりました。そこで、私達調理師も医療チームの一員として病室訪問し、患者様と直接お話をして、放射線や薬物治療によって応じる吐き気などによって食欲不振の悩みに、少しでも患者様の要望に対応出来るようにしています。入院患者様にとって食事は生きる力だと思います。そこに必要なのが、患者様の声を聴くカウンセリング技法だと思ったのが、講座を始めたきっかけです!
まだまだ学ぶ事ばかりですが、この講座を活かして今まで以上に患者様に美味しい『心の栄養』をこめた食事の提供をして行こうと思います。

koe011

畠山 喜之久 さん

受講のきっかけは、身の回りの人が精神疾病に悩む姿を見て、力添え出来る知識があれば、と思ったからです。また、僕自身、精神疾病だった時期があり、その時の経験や感慨が、同じ事で悩む人に役立てられないだろうかと考え、カウンセラーを目指そうと思った事から受講を始めました。受講を始めた頃に福祉業界へ転職しました。職場で感じる事は、身体面でのサポートだけでなく、精神面でのサポートが必要な人がいる事です。体調不良を訴える人が居ますが、実は会話を持ち、話を聞いてもらうだけで気持ちが安定し、調子も戻り、落ち着き出します。話の広げ方、訴える話の中で必要・不必要な内容の聞き分け、そして何を求めているか。普段の会話の中で見分け辛かったり、訴える人が混乱している時は話にまとまりがありません。テキストを読んで次の日には実践し、結果と、結果にたどり着くまでの過程を復習し、より自分に身に付き、より上手に実践出来るように経験を積み重ねていこうと目標を持ってテキストを開いています。その中で、疑問や質問したい事が出て来きますので、講師の方に質問し、解決していこうと思います。
業種に関係なくカウンセラーを必要としている、と受講する前、講師の方に説明していただきました。事実、精神疾病の方が増加している医療現場に限らず、職場や生活環境・暮らす風土など、様々な要因でカウンセリングを必要としている人がいます。決して精神疾病に限らず、悪化するまでの前段階で解決出来れば。思い悩む段階で、痛みや苦しんでいる事に解決策を見出す事が出来れば。良く歩むか・悪いままでいるかは相手次第ですが、その過程の中でカウンセラーが関る事は、相手にとって重要なきっかけになると考えています。そう感じた僕の経験の、理想と現実の違いを埋める為の方法が勉強です。資格を取得し、カウンセラーに成るにはまだまだ不足している部分が多々ありますが、何をすればいいか?と聞かれたら、結局は勉強しかないと思います。乱文にて失礼致しました。
余談ですが、協会から定期的に送られるメールが、テキストに無い新しい発見をくださいます。

koe012

宇都 美和子 さん

とても解り易く必要な事項が沢山書かれていると思います。メンタル心理士、一人の人間として成長させて頂きたいと思います。ただ本がもう少し小さくなると、バックに入り、少し時間がある時に取り出せて学習できる様な気がします。

koe13

福島 幸子 さん

私がこの講座を受けようとしたきっかけは、自分が心の病気になりその病気の理解の無さと人に話を聞いてもらう大切さを知り、同じ心の病気にかかっている人の力になりたいと思い受講しました。
受講してみて、カウンセラーとしての話の聞き方や態度やアドバイスの仕方がよくわかりました。 子供への対応にも役立ちました。テキストには思ったより難しい言葉がなく、勉強がしやすかったです。 凄く勉強になったし自分の為にも受講してよかったです。自分の周りに病気の人がいたり、人のお世話をする仕事に就いている人、子供がいる人に是非受講してもらえたらいいなと思います。

koe14

大崎 律子 さん

  1. 同僚がストレスから鬱病となり、サインは出していたのに、それに気付いてあげれなかった事
  2. 老健大会の症例発表で、職場のストレス調査をした事により、より一層興味を湧いた事
  3. 私自身仕事に対して減退し、向上心がなくなり、壁にぶつかってしまった事

そんな生活が2年程続きました。
そんな時 心理面・メンタル面の資格があると聞き「自分の為、周りの人の為にも、取りないなぁ~」と思つつ、正直 お金も高い。信頼できる学校も分からない。と、自分に言い訳をしながらダラダラと過ごしていました。何気に覗いたネットでたまたま見たこの協会に資料請求した事がきっかけで、あたしの担当アドバイザーの人が、何度も連絡をくれ親身に話を聞いてくれ、じたんだを踏んでいる私の肩を押してくれたお陰で、決心がつきました。
始めてまだ間もないですが、優しくもあり、厳しいアドバイザーに支えてもらいながら、この資格を取得していき、「心のケア」はもちろん、自分自身のステップアップに繋げていきたいと思います。

koe15

中西 由香 さん

『自分の天職って何だろう』って考えた時、特別な才能も能力も無い自分に出来ること…『人の悩みを聴く事』それなら出来ると思い心理の勉強を初めたく思いました。いざ始めよと講座を探してたら意外に選択肢が多く、どれも魅力的で選ぶのが困難でした。もともと人を信用する方で無い私は、あまり聞いたことない名前に違和感を覚え騙されてるのではと思い、一度は諦めかけました。
そんな時支えてくれたのがアドバイザーさんです。不安な気持ちも熱心に聞き入れ最後まで諦めずエールを贈ってくれました。沢山の講座の中から私がここを選んだ理由、それはそんな熱意にあった気がします。親身になってくれる人がいる、これは本当素敵なことです。テキストは心理初めての私も内容は分かりやすく説明されていて、日常生活でも実践出来る事が多いのでたのしみながら勉強しています。通学とは違い強制出ない分身に付けようという意欲は必要ですが、マイペースに日常の生活に取り入れたら苦にはなりません。私は勉強して逆に心にゆとりが出来た気がします。
今の夢…それは1人でもいいので心からの『ありがとう』を聞く事です。それに向け残りの科目もしっかり身に付けていきたいです!!

木村 かな さん 40歳 (京都市在住)

私はセルフカウンセリングがすごく助かりました。

自分自身、どう自分の事を元気にしたらよいのか、ひどい事を言われた時に、すごく落ち込んでいました。今回の講座をきかっけに大分自分自身が強くなれたと思います。

S・H さん 50歳 (滋賀県在住)

私は、看護現場の事もそうでしたが、家での子供への対応ですごく悩んでいました。反抗期とは、分かってはいるものの、どんな対応がよいのか、夫に相談してもあまり真剣には聞いてくれません。これを受講してみて、自分が考えていた子供への対応とは全く違っていました。すごく参考になりました。

A・I さん 32歳 (宮崎県在住)

友達が欝っぽくどうにか力にはなれないかなと思い受講をしてみました。教科書に書いてあるようには、いきませんが、何か少し元気になってくれるような気がします。もう少し元気になれば、一緒に学ぼうと思っています。

心理カウンセラーになるには