心理カウンセラー収入や給料 独立した場合、公務員の場合等

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーの収入や給料は目指す人にとっては気になる所です。

ここでは

このような事を解説していきます。

「カウンセラー」の収入は、サラリーマンとさほど変わらない。

まず、結論から言うと心理カウンセラーの収入は大体「300万~400万」位 が相場です。

もっともこれはパートや主婦の方も含めておりますので、常勤の方などを含めればこれよりは多くなるでしょう。

こう書くと少なく感じるかもしれ ませんが、サラリーマンの30代~40代の平均賃金も500万円前後なので、少なくともそこまで大きな差は出てきません。

ただし、「心理職公務員」を例外 とすると常勤の枠は少なく、殆どの方は非常勤をいくつも契約して行うものです。

民間の心理カウンセラー資格で仕事を考えている人の求人で1番目にするものはメールカウンセラーや電話カウンセラーなどの仕事です。

これらの仕事の収入は運営されている企業によって違いますが、

基本メール1往復
1000円~2000円

電話カウンセリング
10分…1000円

このような料金体系になっています。

後はカウンセラー自身の人気や実力でどれだけクライアント(顧客)を獲得できるかで違ってきます。

心理カウンセラーの求人事情でもお伝えしていますが、カウンセラー自身がどれだけのスキルがあるかでリピート率も変わってくると思いますので実力社会と言えるかもしれません。

counselor_img_0104

職種、での収入の違い

心理カウンセラーの収入や給料は職種や仕事内容によって異なってきます。

上記にも示していますがまず常勤か非常勤で大きく異なりますし勤務日数によっても変わってきます。

以下は職種毎の給料や収入の目安です。

一般企業

一般企業のカウンセラーといえば産業カウンセラーやシニア産業カウンセラーが代表的です。現在企業に勤めている人(人事など)が この資格を取得してメンタルヘルスやキャリア開発などの仕事を行っていく場合が多いでしょう。一般的にはこの資格だけで一般企業に就職するのは難しいのが 現実です。産業カウンセラーとして企業に派遣された場合は時間と人数、内容によりますが、10000円~100000円程度が報酬のようです。

保育士

児童相談所などとも同じですが保育園でのカウンセラーは臨床心理士が保育業務をせず保護者や子供の相談になる業務の事です。しか し保育士も民間のカウンセラー資格を取得しコミュニケーションスキルを上げ保育に役立てている保母さんもいます。臨床心理士が行う場合、収入は20 万~25万。保育士が資格を取得した場合は資格給が付く場合があるでしょう。

児童相談所・福祉施設

基本的には常勤、専属という需要が少ない事が挙げられます。こういった施設では心理相談員は必要ですが、そこの施設で働いている従業員が民間のカウンセラー資格を取得し通常の業務と並行して心理カウンセラーの役割を果たしている場合が多いでしょう。

医療機関(クリニックなど)

医療機関の心理カウンセラーは主に精神科で働いている臨床心理士が代表的です。医療機関で働く臨床心理位の場合、常勤週5日で 20万~25万 非常勤は日給7000円~15000円だそうです。クリニックなどであれば色んな給料形態があり完全歩合で個人開業しているようなことも あるそうです。

スクールカウンセラー

スクールカウンセラーは臨床心理士が主で時給は約5000円前後、年収は300万~500万程度といわれています。安い所であれば時給が1000円を割る職場もあるそうです。

独立(個人開業)

民間のカウンセラー資格を取得し心理カウンセラーとして収入を上げられるのは独立開業が良いかもわかりません。カウンセリング技 術やコミュニケーションスキルを習得し実践を重ねれば夢のような話ではありません。重要な要素はどうクライエントを集客するのかです。WEBがこれだけ普 及していますので新規顧客を獲得する事は可能です。

  • このデバイスを活かし
  • メールカウンセリング
  • 電話カウンセリング

というような事が出来ます。収入はいかに集客できるかで大きく違ってきますのでここでは記しません。

企業や公務員、資格による具体的な収入と常勤非常勤の収入や時給

産業カウンセラーの収入は企業研修で人数によって異なりますが、2時間10万円程度。

カウンセリングでは1時間1万円が目安のようです。

これはあくまでも目安なのであなたがカウンセリングを行う時はこの料金に合わせる必要はありません。

公務員心理職の収入となるとスクールカウンセラー(教育機関のカウンセラー)が有名です。

スクールカウンセラーは臨床心理士資格を取得しておく必要があります。

仕事は不登校の生徒への相談や学生相談を行っていきます。これも収入は一律ではありません。

常勤なのか非常勤なのか勤務日数などによって違います。

残業なども入ってくればまた月給や時給は変わってきます。務めている年数にもよって異なります。
おおよその目安として時給5000円前後というのが一般的でしょう。

臨床心理士以外で民間の資格でも有料のカウンセリングはもちろん可能です。

この場合は相談内容や時間によって料金を決めています。そのカウンセラーがいくらの料金に設定するのかがその人の収入になります。

独立開業すれば何もカウンセリングだけが収入の道ではなく心理テストやメールカウンセラーなども収入の道の1つとなります。

これは心理カウンセラー資格で独立している場合です。やはり独立なので集客が出来なければ収入は少ないものになります。

臨床心理士は大学院に行く必要があり時間も費用も非常にかかります。今、社会人をしている人であれば現実的ではありません。

そこで民間の心理カウンセラーの資格を取得していくのですが、産業カウンセラーや他の資格と併せ持ちスキルを積み上げていく事が給料や収入を上げていく方法の1つでもあります。

counselor_img_0105

まとめ

心理カウンセラーで収入や給料を上げるためには自分の経験をまずは積む必要があります。

電話カウンセリングやメールカウンセリングなどインターネットのおかげで全国の求人にも対応できます。

だからといってスキルや臨床経験が乏しい人は少し難しいように思います。

まずは心理カウンセラーとして収入を得るために、色んな心理のスキルを磨きボランティアから始め臨床経験を積むことは費用に重要でしょう。

心理カウンセラーになるには