心理カウンセラーになる為にどこの専門学校に行くべきか

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーの資格取得は、かなり専門的な知識が求められる。その専門的な知識を身に着けるため、専門学校に通うことも1つの選択肢として挙げられる。福祉系の専門学校で、心理カウンセラー関連の資格取得を目指せる学校もある。東京都だけでなく、全国に展開している専門学校もある。

インターネットなどでも、専門学校を探せるが、一番良いのは、資料請求をしたり、実際に専門学校に出向いて体験をしてみたりすることである。WEB上のみでは判断できない詳しい授業内容や、雰囲気もつかめるであろう。

通信課程のある専門学校もある。子育てや家事、仕事をしており、時間的に余裕がない人は、通信課程のある専門学校を探すのも一つの手だろう。

以下にいくつか心理カウンセラーの専門学校を挙げる。

日本カウンセラー学院

『NPO法人日本臨床心理カウンセリング協会』が認定する、認定臨床心理カウンセラーや認定臨床心理療法士の資格を取得できる学院である。卒業後は、再決断療法専門コースのカリキュラムを受講することで、心理支援士2級の取得も目指せる。

初心者の方が実践的な心理カウンセリングの知識・技術を確実に学ぶために、4つの「入学コース」がある。心理カウンセリングの基礎知識と技術を学ぶ「基礎科(6か月)」、「特修科(心理カウンセラー・セラピスト養成コース)(1年6か月)」、「専修科(心理カウンセラー養成コース)(1年)」「他校修了編入(6か月)」の4つである。卒業後も一つの心理療法に特化した各種心理療法専門コースを受けることができる。専門学校は全国にあり、通信講座もある。

日本心理カウンセラー養成学院

認定心理カウンセラー1級・2級や認定アートセラピスト、認定交流分析療法士、認定コミュニケーションインストラクター、認定インナーチャイルドファシリテーターなどの資格取得が目指せる。少人数制の教育プログラムであり、全国に11拠点校がある。

心理カウンセラーになるには